スマホ販売員[スペ太郎]の悩ましい人生

スマートフォンを販売し続けて5年、、先の見えない人生を送っています。しかし、スタッフの入れ替わりが激しいこの業界。常に新人の方々はどう販売をして行けばいいのか、もはや私と同じく電気屋さんなどに配属された人間はケータイコーナーには立てず家電コーナーでこれなんの仕事や!って思いながら働く人生。皆さん力を合わせて乗り越えて行きましょう

ガラケーに戻したいなら直ぐにでも戻せるのでご安心を

スマートフォンを契約したけど結局のところ使いがってが悪く、スマートフォンに戻したくて仕方がない

 

こんな状況でお悩みの方、契約期間の縛りや違約金を気にしてガラケーに戻したいけど、直ぐに戻すのはどうなんだろうとガラケーに変更することを躊躇していませんか?

 

2021年現在、スマートフォンの契約に違約金はありませんし、もしあったとしても最大1100円だけで費用は済むように法律できまっています。

 

ガラケーに戻したいと思えば、いつでも戻す事ができますし、またスマートフォンに変更したいと思えばいつでも変更できます。

 

一応ガラケーに戻す際の注意点はありますので、この記事でまとめさせていただきたいと思います。

 

目次

 

  • ガラケーにはいつでも戻せますのでご安心を

 

スマートフォンに変更するかお悩み中の方、ガラケーからスマートフォンへは是非とも変更する方がオススメです。

 

理由としてはスマートフォンを利用し始めたからといって、ガラケーが今後利用出来なくなる訳ではないからです。

 

スマートフォンを実際に利用してみて慣れる事ができれば、今までのガラケーよりも凄く快適な日々になるかも知れませんし、「ガラケーの方が良かった!戻したい!」と感じた場合でもちゃんとガラケーに契約を戻す事は可能です。

 

現在携帯会社からガラケーが利用出来なくなりますとショートメッセージが届いていらっしゃる場合は、3G回線という古い電波を利用したガラケーが使えなくなるというお知らせなのです。

 

電波は2021年になり5G回線が普及し始めており

 

3G回線→4G回線→5G回線と電波は時を経て進化しています。電波が進化する事によりインターネットの繋がりが高速になったり同時にたくさんの機器がインターネットに接続できるようにレベルアップしているのです。

 

ガラケーでも3G回線のガラケーは販売はされていませんが、4G回線のガラケーは現役の機種として今も販売はされています。

 

スマートフォンをお試し頂いて、どうしてもガラケーが良かったと後悔するような事があれば4G回線のガラケーにはいつでも戻せますので是非ともスマートフォンを1度試して見ることをオススメします!

 

スマホに替えてからの利用期間に注意

 

スマートフォンからガラケーに戻したいと考えた場合に、いつでもガラケーには戻す事ができるのですが

 

ガラケーに戻すタイミングによっては、ガラケーが分割で購入できなくなる可能性があります。

 

携帯会社によっては契約してから6ヶ月以内の機種変更になると新しく購入する携帯電話が分割できないというルールがあります。

 

機種代金を一括購入する予定の方は問題ないのですが、分割での購入を希望される場合は

 

携帯会社によって6ヶ月以上スマートフォンで我慢する必要がありますので注意点となっています。

 

もしも携帯会社を変更しても問題ないのであれば、他社への乗り換え手続きをする事でスマートフォンに変えて6ヶ月以内でも、乗り換え先の携帯会社でガラケーを分割購入することができますので

 

スマートフォンに変えて、どうしてもガラケーに戻したい、ガラケーも分割での購入をしたい、携帯会社にこだわりはない

 

ということであれば乗り換えでのガラケー契約も1つの手段になるでしょう。

 

違約金は気にしなくて大丈夫

 

携帯電話をスマートフォンに変更して2年間は利用しないと違約金が発生すると思っている方いませんか?

 

スマートフォンの利用を開始して、同じ携帯会社でガラケーに戻す場合は2年間の縛りや違約金を気にする必要はありません。

 

同じ携帯会社でスマートフォンやガラケーの機種を変更するのであれば、現在違約金が発生することはまず有り得ません。

 

その変わり手数料の約3000円の費用はお支払いする必要があるのでこの点は覚えておくといいでしょう。

 

同じ携帯会社ではなく、他社への乗り換えを検討する場合は違約金を気にする必要はありますが

 

2019年10月以降にスマートフォンを契約された方は違約金が発生してもたったの1100円だけです。

 

もはやスマートフォンからガラケーに戻したいと悩まれている方は、何ヶ月か前にスマートフォンにしたばかりだと思いますので違約金は1100円。もしくは違約金なしと考えていいでしょう。

 

  • 通信費はガラケーの方が高くなる可能性あり

 

2021年の携帯会社が提供している料金プランはスマートフォンよりもガラケーの方が通信費が高くなる可能性が考えられます。

 

スマートフォンに変更する前に利用していたガラケーが3G回線タイプだった場合、月額1000円~1500円程で使用していた可能性があり

 

3Gガラケーからスマートフォンに変更されたユーザーさんは月額1000円~2000円ほどでスマートフォンを利用できていると思います。

 

携帯会社で現在提供されているガラケーは4G回線を利用したモデルになり、料金プランも4Gガラケー専用の料金プランが準備されています。

 

4Gガラケーの通信費は約2000円~3000円ほどになるため、スマートフォンで契約している金額よりも月額が高くなる可能性が高い事を覚えておくようにしましょう。

 

端末価格もガラケーの方が高くなる可能性あり

 

2021年の携帯電話の販売状況としましては

 

  1. iPhone
  2. Androidスマートフォン
  3. 4Gガラケー

 

このような種類での販売が行われております。

 

端末価格はモデル事によっても変わりますが、iPhoneを購入する場合は5万円~15万円ほど

 

Androidスマートフォンを購入する場合は、2万円~15万円ほど

 

4Gガラケーを購入する場合は、3万円~4万円ほどとなっているのです。

 

驚きな事に、Androidスマートフォンは2万円ほどから端末の販売がされていますので、ガラケーが最安値というわけではないんですね。

 

在庫が少ないので事前の確認をしましょう

 

携帯会社はというよりも日本としてスマートフォン推しな風潮がココ最近は加速化してきていますので

 

意外なことに4Gガラケーの在庫を置いている店舗は少ないのが現実です。

 

在庫があったとしても、本体カラーが揃っていない可能性もありますので、ガラケーに変更しようと考えるなら店舗に足を運ぶ前に電話問い合わせで事前の在庫確認を行うようにしましょう。

 

希望の在庫がなければ、予約もしくは取り寄せしてもらう事もできます。

 

もしくは携帯ショップ以外にも、家電量販店や商業施設に契約している携帯会社が併設している場合も大いに有り得ますので

 

在庫がなかったら何店舗か問い合わせしてみるのもいいでしょう。

 

 

 

 

 

UQ応援割がスタート。ワイモバイルとどっちがお得か比較!

f:id:supekan777:20211204192943j:image

KDDIグループのUQモバイルから2021年12月3日より「UQ応援割」がスタートしました!

 

UQモバイルとライバル関係にあるワイモバイルからも先日「ワイモバイル親子割」が2021年11月17日より提供開始されています。

 

UQモバイルの「UQ応援割」の解説に合わせて、ワイモバイルの「ワイモバイル親子割」ともどのような違いがあるのか比較を行いますので参考にしてください。

 

目次

 

  • UQ応援割は家族もお得!

f:id:supekan777:20211204192951j:image

UQモバイルの「UQ応援割」は、5歳以上~18歳以下の利用者を起点に、その家族にも割引の範囲を広げることができるキャンペーンです。

 

基本的な割引内容は、5歳以上~18歳以下の利用者がUQモバイルのMプラン以上を契約することで翌月から12ヶ月間△1100円/月の割引を適用させる事ができるという内容です。

 

Mプランはデータ量が15GBのプランで

月額2,728円

 

UQ応援割の適用により

△1100円引になるので

 

12ヶ月間は月額1628円でMプランを利用できることになります。

 

家族も安くするなら自宅セット割が重要!

f:id:supekan777:20211204193006j:image

ここからが「UQ応援割」の最大メリットとなりますが、5歳以上~18歳以下の利用者がUQモバイルを利用することで割引を適用できる事は先程記載しましたが

 

この上記利用者と同一の「自宅セット割グループ」に加入した家族回線もUQ応援割の割引が受けられるようになるのです。

 

自宅セット割には条件がありますので、後ほど記載しますが

 

お子様のスマートフォンをUQモバイルに変更するのであれば、ご家族もまとめてUQモバイルに乗り換える事で劇的に通信費をお安くできる可能性が高くなる訳です。

 

ちなみに割引額は△1100円×12ヶ月間、対象プランはMプラン以上と内容は同じになります。

 

自宅セット割の条件は「でんき」or「ネット」をまとめる

f:id:supekan777:20211204193023j:image

UQモバイルは割引の種類に「自宅セット割」があります。自宅セット割が適用されることにより、UQモバイルの基本料金がお安くなるだけでなく

 

今回キャンペーンがスタートした「UQ応援割」を対象年齢以外のユーザーでも適用できるようになります。

 

自宅セット割を適用させるには2種類の申し込み方法があり

  1. でんきコース
  2. インターネットコース

の2つから環境にあった自宅セット割のコースを選ぶ事ができます。

 

でんきコースを適用する場合は、ご自宅の電力会社を「auでんき」に切り替える事で自宅セット割の対象となります。

 

インターネットコースの場合は提携インターネットであれば自宅セット割を適用させる事ができますので対象のインターネットは下記からご確認ください。

自宅セット割(対象となるご自宅のインターネット一覧)│格安スマホ/SIMはUQ mobile(モバイル)【公式】

 

インターネットコースで割引を組む場合は、契約のプランも重要となっており

 

「ネットのみの利用」はNGで

 

「ネット+電話」もしくは「ネット+TV」の契約が自宅セット割の条件ともなりますので、この点にはご注意ください。

 

5歳以上~18歳以下の利用者登録でもOK

f:id:supekan777:20211204193032j:image

UQモバイルで「UQ応援割」を利用する場合に、条件が5歳以上~18歳以下の利用者が条件となっているため

 

契約する名義が、対象年齢のお子様じゃないとダメなの?と疑問を持つ方もいらっしゃることでしょう。

 

もちろんそんな事はなく、携帯の契約には「名義人」と「利用者」という登録項目が2つあります。

 

ですので

 

「名義人」→親権者様

「利用者」→お子様

 

このように契約の申し込みをすれば名義人の方が対象年齢に当てはまらなくてもなんの問題もありません。

 

利用者登録をする場合は、利用者として申し込みをする方の保険証やマイナンバーカードといった本人確認書類が必要になりますので

 

必ず持参するようにしてください。

 

  • ワイモバイルの親子割と比較してみよう

f:id:supekan777:20211204193043j:image

UQモバイルと常にライバル関係にある携帯会社がある事をご存知でしょうか?

 

その会社はソフトバンクグループから料金プラン提供が行われている「ワイモバイル」です。

 

ワイモバイルはUQモバイルと同じような料金プラン設定となっていますが、やはりUQモバイルとは別の会社なので若干の料金プラン差や、値引きの条件にも差があります。

 

またワイモバイルも2021年11月17日から「ワイモバイル親子割」という、お子様と家族割を組むことで

 

お子様以外の家族もお安くなる「UQ応援割」と同じようなキャンペーンも行われています。

 

ワイモバイルに興味を持たれていた方も、ワイモバイルの事を知らなかったユーザーさんも「UQ応援割」と「ワイモバイル親子割」を比較してみますので参考にしてください。

www.sumahoou.com

 

  • 「UQ応援割」と「ワイモバイル親子割」を比較

f:id:supekan777:20211204193055j:image

今回の「UQ応援割」と「ワイモバイル親子割」は割引金額は両者とも同額で、割引適用後の最安値も両者とも同額になります。

 

また割引の対象年齢も「5歳以上~18歳以下の利用者」という条件も同じで、同一グループの家族回線にキャンペーン値引きを適用できる点もまったく同じなのです。

 

  1. 対象プランがMプラン以上
  2. 対象年齢5歳以上~18歳以下
  3. 対象者と同一グループの家族も割引対象
  4. 割引額1100円/月
  5. 割引適用期間12ヶ月間
  6. 最安値がMプラン990円、Lプラン1870円

 

このように上記の内容はUQモバイルもワイモバイルも今回の「UQ応援割」と「ワイモバイル親子割」が適用されれば同じになる内容となります。

 

違う点は割引を適用するための条件

f:id:supekan777:20211204193106j:image

UQモバイルとワイモバイルは割引が適用できれば同じような金額になる事が分かったと思いますが、この割引を適用する為の条件が2社で異なります。

 

UQモバイルの場合は

「自宅セット割」を組むことが、家族にUQ応援割を適用させるための条件となります。

 

つまり、でんきコース、インターネットコースに申し込む必要がある為

 

auでんきや、対象インターネットを利用していなかったり、利用出来ない環境であれば、お子様がUQモバイルで「UQ応援割」で契約したとしても家族の回線はUQ応援割のキャンペーンを受けることはできません。

 

ワイモバイルの場合は

同一の家族割グループであれば、ワイモバイル親子割を家族回線にも適用ができるため

 

ご自宅のでんきサービスや、ネットのサービスがどこを利用していようが関係なく

 

お子様のワイモバイル契約と家族割を組めばワイモバイル親子割を適用させる事ができます。

 

1台目の料金が異なるのも確認しておこう

f:id:supekan777:20211204193202j:image

UQモバイルとワイモバイルでは割引適用後の最安値が同じになる料金設定ですが

 

割引がない場合で比較すると違いがあります。

 

UQモバイルを1人で契約した場合は

3GB 1,628円

15GB 2,728円

25GB 3,828円

 

ワイモバイルを1人で契約した場合は

3GB 2,178円

15GB 3,278円

25GB 4,158円

 

このように割引がない状況での比較を行うとUQモバイルの方がお安くなります。

 

ワイモバイルは家族割が適用されることにより、割引が入りますが家族割の値引きが入るのは2台目からになります。

 

つまりUQモバイルで2台契約するのとワイモバイルで2台契約するのでこのようなお支払いになります。

 

UQモバイル 1,628円+1,628円=3,278円

ワイモバイル 2,178円+990円(家族割あり)=3,168円

 

ワイモバイルで家族割が適用されても1台目がお安くならないことは覚えておきましょう。

 

  • 結論お得になるのはどっち!?

f:id:supekan777:20211204193234j:image

UQモバイルとワイモバイルの比較を記載しましたが結論お得になるのはどちらなのでしょうか。

 

答えは、「携帯以外の環境と契約する台数によって異なる」です。

 

曖昧な回答ですが、ご自宅のインターネットや電力会社を切り替えていいのであれば2社どちらでもお得にすることができますし

 

ご自宅の環境を変える事ができないのであれば

 

現在使用しているインターネットか電力会社の値引きが適用される携帯会社を選ぶしかありません。

 

インターネット、電力会社が2社ともUQモバイルとワイモバイルの割引対象外のサービスだった場合は、最終的に契約する携帯電話の台数で決めることになります。

 

1台であれば「UQモバイル」

2台であれば「ワイモバイル」、UQモバイルでも一応OK

3台以上であれば「ワイモバイル」

 

このように覚えておくといいでしょう。

www.sumahoou.com

 

 

 

ドコモのタブレットを解約するなら乗り換えて継続したほうがオススメ

f:id:supekan777:20211205080006j:image

そう言えばドコモのタブレット家の中のWiFiでしか使ってない!このように気づいた方や、ドコモを他社へ乗り換えするにあたってタブレットも解約しないといけなくなった。

 

こんなユーザーさんいらっしゃるのではないでしょうか。

 

タブレットは何もせずにそのまま解約しても問題ありませんが、解約する前にひと手間かけるだけで断然お得になる方法をご紹介します。

 

せっかくなら少しでもお得な方法で解約をしましょう!

 

目次

 

  • ドコモのタブレットってそもそも必要?

f:id:supekan777:20211205080031j:image

ドコモのタブレットを契約しているユーザーさんって意外と多いんですが、そのタブレットは必要だったとしても通信を繋げるための契約って本当に必要なのでしょうか?

 

タブレットの仕組みや契約内容に詳しい方であれば、契約している理由があるでしょうが

 

携帯ショップの販売員に勧められて契約された場合や、一緒に契約するとお得だったから。との理由で今も契約をそのままにしているユーザーさんは大きく損をしているかもしれません!

 

まずはドコモのタブレットは契約しておく必要があるのか、どのようなユーザーにオススメなのか事項にてまとめます。

 

契約が必要な場合をまとめてみよう

f:id:supekan777:20211205080055j:image

  1. お子様に外でも利用させる場合
  2. 家にWiFi環境がない場合
  3.  

 

 

解約するならいつすればいいの?

f:id:supekan777:20211205080112j:image

ドコモのタブレット契約を改めて見直しし、契約がもしも不要だと判断した場合は解約をする必要があるでしょう。

 

改めてドコモでの契約が必要だと感じたユーザーさんは今後もそのまま利用する事がオススメになります。

 

ドコモのタブレットを解約する場合は、月初に解約しても月末に解約しても請求される通信料は変わらず1ヶ月間分まるまる請求がされます。

 

ですので解約に関しては焦ることなく、月が変わるまでに行うように意識しておけば問題ないでしょう。

 

ここで解約するにあたり、お手間を1つかけるだけでお得に解約をする事ができますので参考にしてください。また合わせて注意点も記載しておきます。

 

乗り換えることでお得になる!

f:id:supekan777:20211205080123j:image

携帯の契約は昔から、携帯会社を変更する乗り換えを行うとお得になるのが当たり前となっています。

 

携帯会社を乗り換えることで、機種を購入すれば機種代金の値引きが出来たり

 

機種が必要なければ現金やポイントといった還元を受ける事もできたりします。

 

もしもタブレットを解約するのであれば、他社へ乗り換えをしてから再度その後に解約するのか契約を他社で続けるのかを検討してみるのもいいかもしれません。

 

注意点としては基本的に他社への乗り換えをする場合

 

  1. 乗り換えの手数料3300円
  2. 乗り換え先での通信費

 

この2つが費用として発生します。

 

例えば他社に乗り換えして2万円の特典があるとすれば、乗り換えた事により2万円の還元を受ける事はできますが

 

手数料3300円+通信費2000円費用が掛かります。

 

また契約してすぐに解約するという考えはNGで、乗り換えした後も継続しての利用は必ずする事をオススメしています。

詳細は下記にまとめていますので参考にしてみてください。

 

ですので最低でも2000円の通信費を6ヶ月間利用したとすれば、12000円+手数料の3300円で合計15000円ほどは乗り換える事により費用が掛かりますが

 

半年間契約した料金プランを利用できるだけではなく、乗り換えの還元も受け取っていますのでお得しかない!という事になる訳ですね。

 

楽天モバイルならめちゃくちゃお得!

上記のタブレットを解約前に乗り換えを検討する事で、還元を受け取れる事に加え、乗り換え先で利用する通信費を計算しても

 

お得に利用出来る事がお分かり頂けたと思いますが、2021年12月現在、「ゼロ円宣言」をしている「楽天モバイル」がめちゃくちゃ熱いのです!

 

楽天モバイルに乗り換えする場合

 

  1. 手数料0円
  2. 通信費0円(1GB未満)

 

で利用ができます。

 

さらに、乗り換えの特典としまして楽天ポイントが最大25000ポイントも貰えるキャンペーンも実施中なんです。

 

1名義1回までのキャンペーンとなっていますので過去に楽天モバイルを契約した事がある方は対象外となるので注意が必要です。

 

また楽天モバイルは契約してか3ヶ月間はデータ量を何GB使っても通信費は0円になるキャンペーンも合わせて行っていますので

 

ドコモでタブレットの解約を検討しているユーザーさんは、音声プランに変更後に楽天モバイルへ乗り換えする方法が非常にオススメかもしれませんね!

 

  • データプラン?音声プラン?

f:id:supekan777:20211205080141j:image

スマートフォンの契約はドコモで音声プランという契約内容で利用している事が一般的です。

 

音声プランとは、電話ができる料金プランの事で、それは当たり前だろ!と思うかもしれませんが、音声プランと相反してデータプランという契約もあります。

 

データプランは契約上では電話番号が付与されているものの、電話が出来なかったりSMSが使えなかったりと制限が掛けられています。

 

ドコモのタブレットはデータプランで契約しているのですが、データプランは乗り換えが出来ないという決まりがあるため

 

タブレットを他社に乗り換える場合は、データプランを音声プランに変更する必要があります。

 

データプランから音声プランへの変更は、ドコモに電話問い合わせから変更をする事ができますので手軽に変更手続きをする事ができます。

 

音声プランに変更する事で乗り換えが出来るようになりますので、データプランからの変更手続きは必須の内容となります。

 

違約金は気にしなくていいが

f:id:supekan777:20211205080153j:image

ドコモのタブレットを解約したり、乗り換えする場合の違約金は2021年10月より、違約金の制度が撤廃されたことにより費用がかからなくなっています。

 

また、乗り換えた先でも違約金はかからない事がほとんどです。

 

違約金がかからなくなるということは、乗り換えた後に必要なければすぐ解約しても問題ないと考える方がいらっしゃるかもしれませんがこの点には要注意が必要です。

 

携帯電話の契約には最低でも何ヶ月かは利用しなければ、ユーザー側が不利になる「短期解約期間」というものが携帯会社から公表はされていないもののルールとしてあります。

 

契約して何ヶ月以内に解約すると、短期解約をした携帯会社が契約しにくくなるといった厳しいルールです。

 

短期解約については別記事でもまとめていますので参考にしてみてください。

www.sumahoou.com

 

 

 

 

 

 

 

30歳以下はモバイルWiFiルーターよりもドコモのテザリングがベスト!

f:id:supekan777:20211203183413j:image

モバイルルーターを契約するか迷っていたり、今利用しているモバイルルーターの通信費が高くて困っていませんか?

 

モバイルルーターは一般的に月額4000円~5000円する契約のものが多いです。

 

あなたが必要としている使い方によってはモバイルルーターでなければ確かに難しいこともありますが、大抵のユーザーはテザリングという機能で対応できることが多いです。

 

今回はテザリングを利用するにあたり30歳以下はドコモで無制限テザリング使える裏技をご紹介致します。

 

目次

 

  • 30歳以下だと無制限テザリング最安値990円!?

f:id:supekan777:20211203183547j:image

無制限のテザリングが990円(税抜)で使えるのなら是非とも利用してみたくありませんか?

 

990円の基本料金にするためには、条件が複数ありますが複数の条件が満たせなかったとしても30歳以下であれば1番高い状態でも、月額3160円での無制限テザリングが利用可能です。

 

まず無制限テザリングを契約する方法なのですが

 

ドコモでギガホ5Gの契約をします。

基本料金6650円

 

30歳以下の方は

U30ロング割という値引きが適用され

月額3490円引が適用されます。

 

この時点で基本料金がたったの3160円になる訳ですね。

 

さらにドコモ回線をご自身か、ご家族が所持している場合、家族割引が適用され

2台だと500円引、3台だと1000円引になります。

 

ドコモ光もしくは、ドコモのホームルーターhome5Gを契約中であれば

ドコモ光セット割1000円引も適されます。

 

最後にドコモのdカードでお支払い設定をすることで

dカードお支払い割が適用される為

170円引になります。

 

この全ての割引が組み合わさることにより月額990円での無制限テザリングを利用することが出来るようになるのです。

 

割引期間は最大6ヶ月間!

f:id:supekan777:20211203183617j:image

ドコモの無制限テザリングをお安く利用できるのは、U30ロング割というキャンペーンによるものなので期間限定の内容となっています。

 

キャンペーンの期間は最大6ヶ月間となっており、キャンペーン終了後は月額3490円の割引がなくなることになります。

 

6ヶ月間しか安くならないのなら契約する意味ないんじゃない?と感じるかたがいることでしょうが無制限のテザリングを1度でもいいのでお試しすることには大いに意味があると考えられます。

 

理由としましては

 

  1. テザリングの通信品質を確認出来る
  2. 実際にデータ量がどれくらい必要か確認できる
  3. バッテリー消費がどのようになるか確認できる

 

このように実際に無制限のテザリングを、パソコンに繋げたりして使用することにより上記のような項目を確認することが可能になります。

 

とくにデータ量を実際にどれくらい消費するのか、という項目が6ヶ月間の割引期間終了後に

 

どのように対応していくのかに繋がりますので事項にてまとめます。

 

テザリングでのデータ使用量を確認

f:id:supekan777:20211203183645j:image

無制限のテザリングを契約して実際に活用する場合は、ご自身が実際にデータ容量をどれくらい必要としているのか確認をするようにしてみましょう。

 

ドコモはマイページから月間のデータ消費量を確認できますし、ドコモショップにて契約内容確認をすれば過去3ヶ月間のデータ消費量を確認することができます。

 

このデータ消費量が20GBで足りるのか、20GBで足りないのかが6ヶ月目移行にどのように契約していくかが変わってくるのですが

 

ひとまず、6ヶ月間はキャンペーンによりお安く利用ができますので思う存分テザリングを活用してみるようにしてみましょう。

 

  • 20GB以下で足りるならahamo

 

テザリングで消費するデータ量が月間20GBで足りるようであれば、ドコモのオンライン受付専用プランの「ahamo」に変更してテザリングを継続することをオススメします。

 

ahamoは月額2700円(税抜)で20GBプランの契約が可能なのですが、テザリングも無料で利用することができます。

 

利用する電波もドコモの契約と同じなので、U30ロング割の割引期間終了後もahamoへプラン変更することにより、お安くテザリングを利用することができます。

 

  • 20GB以上利用しているならモバイルルーター

f:id:supekan777:20211203183704j:image

無制限テザリングを利用してみて、テザリングの容量が20GBでは足りない。と確認することが出来た場合は、ギガホ5Gをそのまま割引後も6650円~4480円で継続するか

 

改めてモバイルルーターを検討してみることをオススメします。

 

モバイルルーターを契約する場合、店舗で申し込むのかネットから申し込むのかで通信費が大きく異なる可能性があります。

 

モバイルルーターは、一般的に4000円~5000円で月間データ容量無制限のプランを契約できる事が多いです。

 

しかしモバイルルーターで完全に無制限というプランは現在はないと言われており、直近3日間で何GBや1日最大何GBといった日数での制限や

 

通信速度を常に1Mbpsにしたり、3Mbpsにするといった通信速度に対しての制限がされています。

 

3つの契約方法から検討してみる

f:id:supekan777:20211203183723j:image

 

  1. メインの携帯回線契約をギガホ5Gにしてテザリング
  2. 2回線目のサブ回線でギガホ5Gを契約してテザリング
  3. モバイルルーターを契約して利用する

 

楽天モバイルを試してみるのもあり

ドコモのギガホ5Gをキャンペーンで利用してみて、テザリングで利用するのも悪くないと実感できましたら

 

楽天モバイルで契約してみる方法もオススメです。

 

楽天モバイルもドコモと同様に唯一テザリングを無制限で利用できる数少ない携帯会社になりますので、テザリングが便利だと実感した場合は楽天モバイルも試してみるといいでしょう。

 

通信費は月額3278円で無制限にデータ利用ができ、GB数の利用量によってはさらにお安くなる仕組みとなっています。

 

テザリング専用で、楽天モバイルを利用する詳細はコチラにまとめておりますので参考にしてみてください。

www.sumahoou.com

 

ガラケーからpovoやLINEMOの変更は辞めておこう

f:id:supekan777:20211202144310j:image

ガラケーを利用しているユーザーさんで、スマートフォンをどのように契約しようか悩んでいる方多いんじゃないでしょうか。

 

最近は「povo」、「LINEMO」といった格安サービスがテレビのCMなどでも流れており、990円から!と宣伝もしていますね。

 

990円でスマホが利用できるなら!とスマートフォンに興味持つ方もいらっしゃるかもしれませんが

 

ガラケーから「povo」「LINEMO」はオススメできません!理由と何処がオススメなのか記事にまとめていますので参考にしてください。

 

目次

 

  • ガラケーからの変更は難しすぎる

f:id:supekan777:20211202144326j:image

povoやLINEMOってそもそもどんな料金プランかご存知ですか?

 

大手キャリアのauとソフトバンクからそれぞれプラン提供が行われているpovoとLINEMOですが、この2つの料金プランは

 

auショップやソフトバンクショップに行っても申し込みする事はできません。

 

povoはKDDIからサービス提供がされており、LINEMOはソフトバンクからサービス提供がされているのに、専門の携帯ショップで契約することができないのです。

 

povoとLINEMOは、大変お安い料金プランで契約することができるのですが

 

インターネットからの申し込み受付に限定することで人件費を掛けないことにより安くできるというカラクリも関係しているのです。

 

そもそもガラケーでインターネットを利用しているユーザーさんは、ほとんどいないのではないでしょうからガラケーからのpovoやLINEMO申し込みは非常にハードルの高い契約だと考える事ができます。

 

  • ガラケーからスマホは通信費が安くなりやすい

f:id:supekan777:20211202144344j:image

ガラケーから見直しを検討するのであれば、携帯ショップで見直しするのが1番です。

 

理由としては、ガラケーからスマートフォンに変更するための専用プランが準備されていたり、購入するスマートフォンもガラケーからであれば携帯ショップから購入する事により大きく値引きして購入できる可能性も高くなります。

 

携帯ショップで話を聞いてみよう!

f:id:supekan777:20211202144412j:image

 

3G回線のガラケーなら専用プランあり

f:id:supekan777:20211202144434j:image

 

  • エコノミーMVNOがオススメ!

f:id:supekan777:20211202144458j:image

 

ドコモショップで申し込み可能!

f:id:supekan777:20211202144508j:image

 

 

 

 

 

カフェでパソコンを繋げるならモバイルルーターよりもテザリング

f:id:supekan777:20211201201154j:image

カフェでパソコン使うのって何だか憧れますよね。カフェにはフリーWiFiが設置されている事がほとんどですが速度が遅かったり、上手く使えなかったという記憶がある方いらっしゃるのではないでしょうか。

 

また、パソコンをWiFiに繋げるにあたりモバイルルーターを利用しているユーザーさんもいらっしゃる事かと思います。 

 

利用用途に適した契約をされている場合は気にするような事ではありませんが、なんとなくモバイルルーターを契約していたり、進められたから契約しているユーザーさんはモバイルルーターの通信費は高いでしょうから見直しすることをオススメします。

 

今回はカフェでパソコンを繋げるならテザリングがオススメという記事で内容をまとめています。是非参考にしてみてください。

 

目次

 

  • カフェのfreeWiFiは便利だけど物足りない

f:id:supekan777:20211201201311j:image

カフェでパソコンを使用する時皆さんどうされていますか?

 

1番多いのはカフェのfreeWiFiを利用して作業をすることが多いのではないかと思います。

 

freeWiFiは直ぐに繋げる事ができて、無料で使える事がほとんどなので本当に便利ですよね。

 

しかしfreeWiFiにもデメリットがあり

  1. 利用者が多くなると通信速度が極端に遅くなる
  2. 接続台数が増えるとWiFiから切断される
  3. セキュリティ面の不安がある

 

このように無料で便利なfreeWiFiですが、いざと言う時や、のんびりしたい時にイライラさせられてしまう悪い面もあるのです。

 

実際に体験したこともある方いらっしゃるでしょうが、このようなお悩みを抱えている場合に

 

モバイルルーターを検討したり、テザリングを考えてみたりするのが普通の流れです。

 

すでにモバイルルーターを契約しているユーザーさんは事項のパソコン作業は何してる?を参考にしていただき、本当にモバイルルーターが必要なのか再確認してみてください。

 

  • カフェでのパソコン作業って何してる?

f:id:supekan777:20211201201412j:image

カフェでパソコン作業をする人は基本的に

  1. 資料作成
  2. 学校の課題作成
  3. インターネット検索
  4. オンライン動画の参加(視聴のみ)

 

このような事をパソコンでおこなっていることでしょう。

 

資料作成や課題作成に関してはWiFi環境がなくても、作業できる内容もあるかと思いますが、最近ではクラウドにリアルタイムで保存しながら作業する場合もありますので一応ネットに繋がっておく事も大切でしょう。

 

インターネット検索は調べる内容にもよりますが、インターネットの速度はそこまで必要ではありません。

 

このような場合は、freeWiFiでも全然対応できますしモバイルルーターではなくスマートフォンから電波を共有するテザリングでも問題ない事がほとんどです。

 

オンライン動画の視聴に関しては使うサービスにもよりますが、freeWiFiでは難しいと考えられるでしょう。実際に実践してみて上手く出来なかった方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

その点テザリングであればオンライン動画視聴にも十分対応できるスペックはありますので、資料作成からオンライン動画視聴まで

 

テザリングがあればカフェでの作業は問題がないと考えることができるのです。

 

テザリングで対応できない場合

f:id:supekan777:20211201201427j:image

テザリングで対応できない場合を考えてみて、あなたが当てはまる作業をしている、する予定であれはモバイルルーターを検討してみる事をオススメします。

 

テザリングで対応できない場合は

  1. 接続台数が5台以上になる
  2. OSアップデートのために使う
  3. 10時間以上といった長時間の接続を行う

 

このようにテザリングで対応できない内容はあり、スマホの種類にもよりますが

 

iPhoneであれば5台以上を同時にテザリングすることは出来ません。

 

またテザリングではOSアップデートをすることができないですし、スマホのバッテリー持ちから考えて10時間以上のテザリング稼働は厳しくなってきます。

 

このような場合はテザリングではなく、モバイルルーターでパソコンの接続を検討するようにしてみましょう。

 

テザリングだと困ること

f:id:supekan777:20211201201458j:image

テザリングで対応できない場合とは視点を変えて、テザリングで困ることはどのような事があるのでしょうか。

 

テザリングだと困ることは

  1. スマホのバッテリー消費が早くなる
  2. テザリング中の端末はWiFiに接続できない

 

このようにテザリングを利用する端末は負担がかかりますので、バッテリーの減りが早くなります。

 

またテザリングを飛ばしている端末はテザリング中にWiFiに接続することができないので、データ使い放題プランを契約しているユーザーは気にする必要ありませんが

 

データ制限付きの契約で、テザリングしている場合

 

テザリングを飛ばしている対応を、WiFiに繋げてネットを楽しむというような事はできませんので気をつける必要があります。

 

  • モバイルルーターを契約するとどうなる?

f:id:supekan777:20211201201524j:image

モバイルルーターの契約を考えていたけど、実際に契約するならどうなるの?このように疑問を感じている方いることでしょう。

 

モバイルルーターは、基本的に無制限で利用できるプランが多いですが、ほとんどのモバイルルーターが条件付きの無制限プランとなっています。

 

  1. 常時速度を一定に抑える事で無制限に使える
  2. 何日間で何GBといった制限が別である

 

一般的にはこの2種類に分かれて各社から提供されており、完全に無制限だと思って契約したら実は制限がされていたという事はよくあることとなっています。

 

月額の通信費に関しては、4000円~5000円ほどで契約する事が多いですが、ご自身でインターネットから探して申し込みしたり、電話で申し込みをされる場合は月額3000円から4000円で契約できる会社もあるようです。

 

ご自身でインターネットから調べて申し込みする場合は、条件等をしっかり確認してから申し込みするようにご注意ください。

 

  • モバイルルーターを解約するとどうなる?

f:id:supekan777:20211201201552j:image

現在モバイルルーターを契約している方で、テザリングで解決できそうだと感じましたら

 

モバイルルーターの解約をする前に、まずはテザリングでパソコンを繋げ作業を実践してみましょう。1ヶ月間テザリングでの作業を実施していただき何も問題がなければモバイルルーターの解約をしても大丈夫でしょう。

 

モバイルルーターは基本的に、2年や3年の定期契約で申し込みをしている場合が多く、解約する際には違約金が発生する可能性がたかいです。

 

違約金は通常1万円ほどですが、契約内容によってはもっと高額になる可能性もありますので事前に確認をしておくようにしましょう。

 

また契約して日数があまり経っていなければ、機種代金や短期的な解約に対して費用を請求される場合も有り得ます。

 

解約に関する費用を確認し、1万円ほどであれば

 

モバイルルーターが本当に不要なら通信費を3000円づつ支払ったと考えれば4ヶ月もすれば元がとれますので解約した方がコストはお得になります。

 

違約金が3万円と高額だった場合でも、違約金が無くなるのが5ヶ月後だとすれば解約するのを待った方がいいですし、10ヶ月より後のタイミングであれば

 

直ぐにでも解約して問題ないでしょう。

 

  • テザリング専用回線が欲しいなら楽天がオススメ

f:id:supekan777:20211201201611j:image

今後カフェでパソコン作業をテザリングから行うなら、現在利用しているメイン回線で使用されてもいいですし、「20GBプランを契約している。」というように定額の料金プランを契約しているのであれば

 

メイン回線と別で、テザリング用の回線を契約するのもオススメです。

 

テザリングを利用する場合、毎月のデータ使用量が何GBになるか把握している場合、どのようなプランを契約すればいいか簡単に判断ができますが

 

実際はテザリングで何GB必要か質問をされても明確にお答えできるユーザーさんは多くありません。

 

楽天モバイルであれば、毎月利用した分のデータ使用量に合わせて金額を請求してくれる料金プランが採用されており、1GB未満は0円、20GBの利用を超えた場合は上限なしの使い放題で3,278円となります。

 

つまり使わなければ0円になりますし、使いまくったとしても最大3,278円以上の請求はこない仕組みとなっているのです。

 

まさしくカフェでの利用に最適な料金プランと言えますね。

 

 

 

 

 

キッズケータイからスマートフォンにどうやって変更したらいいの?

f:id:supekan777:20211201175600j:image

キッズケータイを利用している子供が大きくなり、スマートフォンにしたいけど、どのように変更すればいいのか分からない、どのように変更すればお得にスマートフォンを契約できるのか知りたい。

 

このよな悩みを抱えている方いらっしゃるのでないでしょうか。

 

キッズケータイはいつ頃契約した機種かによって回線の種別が変わってきます。

 

キッズケータイには3G回線と4G回線の2種類があります。まずはこの違いを把握することがお得に契約するための方法に繋がりますので覚えておきましょう。

 

目次

 

  • 3G回線と4G回線で何が変わるの?

f:id:supekan777:20211201175825j:image

キッズケータイからスマートフォンに変更するにあたり、どのようにすればいいのかは現在利用しているキッズケータイが

 

3Gキッズケータイなのか4Gキッズケータイなのか見極める事が最初のステップです。

 

理由としては、3G回線の携帯電話と4G回線の携帯電話ではスマートフォンに買い換える時の特典や料金プランが大きく変わってくるからです。

 

3G回線は今後使用ができなくなる携帯回線の為、スマートフォンに変更する場合は一般のユーザーよりも優遇されるメリットがあります。

 

4G回線の場合は、今後も問題なく使用する携帯回線のため、キッズケータイを使っていようとスマートフォンに変更する際は一般のユーザーと扱いはあまり変わりません。

 

3Gのキッズケータイは選択肢が広がる

f:id:supekan777:20211201175842j:image

3G回線を利用したキッズケータイを利用しているのであれば、au、ドコモ、ソフトバンク、楽天モバイル、UQモバイル、ワイモバイルといったように好きな所を選ぶことができます。

 

どこで契約したとしても格安で契約できる可能性が高く、月額の通信費で考えると1000円ほどで利用する事ができると考えてもいいでしょう。

 

また、iPhoneにするのかAndroidにするのか

 

iPhoneの中でもどのモデルにするのか、Androidでもどのモデルにするのか、希望の機種が決まれば

 

どこの会社で契約してもあまり通信費は変わらないので、その機種がもっとも安い携帯会社と契約してOKです。

 

4Gのキッズケータイならauがオススメ

f:id:supekan777:20211201175900j:image

4G回線を利用したキッズケータイを使用している場合は、au、楽天モバイル、UQモバイル、ワイモバイルあたりから契約するのがオススメです。

 

ドコモとソフトバンクが無くなった理由としては、ドコモとソフトバンクは3G回線からの変更じゃなければスマートフォンの通信費をお安くする事ができないからです。

 

1番のオススメはauで4Gキッズケータイからでも、通信費がお安く、料金プラン内容も充実した料金プランを契約する事ができます。

 

 

また4Gキッズケータイからの機種変更や乗り換えでもスマホを購入する際のキャンペーン値引きはしっかりあるので損する事はないでしょう!

 

  • iPhoneもAndroidも基本料金は同じ

f:id:supekan777:20211201180004j:image

キッズケータイからスマートフォンに変更する場合に、悩む最大のポイントが何の機種を購入するかです。

 

スマートフォンはiPhoneとAndroidの2つに大きく分かれていますが、このどちらにするかが非常に悩ましい所になってきます。

 

筆者としてもどちらがオススメというのは伝えにくいのですが、選ぶポイントとしては「周りの環境に合わせるのか」、「安さを重要視するのか」のどちらかに重点を置きスマートフォンの購入をしてみるといいでしょう。

 

またiPhoneを選ぼうが、Androidスマートフォンを選ぼうが購入する端末の価格は変わってきますが、月額の通信費はどちらを選んでも同じになります。

 

iPhoneだから通信費も高くなる。といった事はありませんので事項の内容を読んでお子様にどちらのスマートフォンを購入してあげるのか考えてみてください。

 

周りの友達次第ではiPhoneの方がオススメ

f:id:supekan777:20211201180039j:image

日本のスマートフォン利用者は6割以上がiPhoneユーザーと言われており、年配層にAndroidユーザーが多いため

 

若年層では、ほとんどのユーザーがiPhoneを利用していると考えられています。

 

お子様のスマートフォンなので、意識することはなかったかもしれませんが、「使いやすさ」や「教えやすさ」ではなく

 

お子様の周りのお友達が、どちらのスマートフォンを利用しているのか考えてみる必要もあります。

 

スマートフォンを使い始めて、周りのお友達と機種が違うことによって「iPhoneが良かった。」と言い出したり、「iPhoneじゃないとAirdrop」ができない!

 

みたいに、結局買い替えをねだられることになりかねません。

 

安さで選ぶならAndroidがオススメ

f:id:supekan777:20211201180050j:image

とにかく安さでスマートフォンを選ぶのであれば、iPhoneよりもAndroidスマートフォンがオススメです。

 

iPhoneは基本的に10万前後で販売されており、最安モデルのiPhoneSE2でも本体価格は5万円ほとです。

 

Androidスマートフォンの場合は、2万~10万の幅でお好みのスマートフォンを選ぶ事ができますので、2万円前後のモデルを購入出来れば

 

かなり初期費用を抑える事ができるでしょう。

 

安い機種ってどうなの?と心配に感じる方もいらっしゃるでしょうが、2021年現在のスマートフォンは2万円だいでもサクサク動くモデルがほとんどです。

 

カメラ性能が普通だったり、5G回線に対応していないという観点から端末価格がお安くなっていますので、使いがってに関してはそこまで気にする必要はないでしょう。

 

  • 端末補償は加入する方がオススメ

f:id:supekan777:20211201180102j:image

お子様のスマートフォンは端末補償に加入することを強くオススメします。

 

大人と違い、気をつけていても普通に落としますし外出時の行動時間や、アクティビティ具合は大人が想像している以上のレベルです。

 

端末補償に加入していなければ修理時に何万円と掛かる費用が、何千円で修理する事が可能になりますし

 

紛失・盗難に対応した端末補償に加入していれば、通学時に紛失してしまったり、置き忘れて盗難にあっても安心して補償で対応してもらえます。

 

補償の加入非加入を決めるのは保護者様ですが、実際に利用するのはお子様だとお忘れないようにしましょう。

 

iPhoneなら必須と思ってOK

f:id:supekan777:20211201180207j:image

iPhoneは端末価格が高く、補償に加入していない場合の修理代金も非常に高いです。

 

iPhoneを購入する場合は端末加入必須と考えておきましょう。iPhoneの補償はApplecareという名称で提供されています。

 

端末購入時、もしくは購入してから30日以内であればApplecareに加入する事ができますので確認するようにしてください。

 

Applecareについて詳しくまとめた記事もありますので参考にしてみてください。

www.sumahoou.com

 

Androidは端末価格次第

f:id:supekan777:20211201180224j:image

Androidスマートフォンの場合は、お子様用だと基本的に補償に加入した方が良いと思うのですが

 

購入した端末の価格によっては補償に加入しなくても対応できる事もあるでしょう。

 

例えば、本体価格が2万円の機種を購入した場合に補償額が500円/月だったとします。補償額が2年間の総額で12000円になるのですが、故障した際に補償を適用させると追加で利用料を3000円~5000円お支払いする事になります。

 

つまり2年間の間、補償に加入して1回修理を行うと約15000円~18000円の費用をお支払いしたことになるのです。

 

これなら、壊れた際に新しい端末を2万円またお支払いして購入した方がコスパが良いと考える事もできる訳ですね。

 

ただし壊す回線が2回、3回と増えた場合は補償に加入していた方がいいので、この点は勘違いしないようにしてください。

 

  • ケースとフィルムは付けましょう

f:id:supekan777:20211201180326j:image

スマートフォンを購入するにあたり、補償加入に合わせ本体ケースや画面の保護フィルムは必ず付けた方がいいでしょう。

 

ケースやフィルムを付ける事により、落としてしまった場合やぶつけた時の衝撃から破損するのを防いでくれます。

 

ケースは耐衝撃に対応した商品がオススメで、フィルムはガラスタイプの商品がオススメです。

 

iPhoneであれば種類が豊富で好きな物から選ぶ事ができますが、Androidスマートフォンになるとモデルによっては対応した商品が置いていなかったり、種類が極端に少なくなります。

 

型番でインターネットショッピングした方が、良いものをお安く購入する事が出来るかもしれませんので覚えておきましょう。

 

 

 

 

 

PVアクセスランキング にほんブログ村