スマホ販売員[スペ太郎]の悩ましい人生

スマートフォンを販売し続けて5年、、先の見えない人生を送っています。しかし、スタッフの入れ替わりが激しいこの業界。常に新人の方々はどう販売をして行けばいいのか、もはや私と同じく電気屋さんなどに配属された人間はケータイコーナーには立てず家電コーナーでこれなんの仕事や!って思いながら働く人生。皆さん力を合わせて乗り越えて行きましょう

UQ応援割がスタート。ワイモバイルとどっちがお得か比較!

f:id:supekan777:20211204192943j:image

KDDIグループのUQモバイルから2021年12月3日より「UQ応援割」がスタートしました!

 

UQモバイルとライバル関係にあるワイモバイルからも先日「ワイモバイル親子割」が2021年11月17日より提供開始されています。

 

UQモバイルの「UQ応援割」の解説に合わせて、ワイモバイルの「ワイモバイル親子割」ともどのような違いがあるのか比較を行いますので参考にしてください。

 

目次

 

  • UQ応援割は家族もお得!

f:id:supekan777:20211204192951j:image

引用元:UQモバイル公式

https://www.uqwimax.jp/mobile/ouenwari/

 

UQモバイルの「UQ応援割」は、5歳以上~18歳以下の利用者を起点に、その家族にも割引の範囲を広げることができるキャンペーンです。

 

基本的な割引内容は、5歳以上~18歳以下の利用者がUQモバイルのMプラン以上を契約することで翌月から12ヶ月間△1100円/月の割引を適用させる事ができるという内容です。

 

Mプランはデータ量が15GBのプランで

月額2,728円

 

UQ応援割の適用により

△1100円引になるので

 

12ヶ月間は月額1628円でMプランを利用できることになります。

【UQmobile】

 

家族も安くするなら自宅セット割が重要!

f:id:supekan777:20211204193006j:image

ここからが「UQ応援割」の最大メリットとなりますが、5歳以上~18歳以下の利用者がUQモバイルを利用することで割引を適用できる事は先程記載しましたが

 

この上記利用者と同一の「自宅セット割グループ」に加入した家族回線もUQ応援割の割引が受けられるようになるのです。

 

自宅セット割には条件がありますので、後ほど記載しますが

 

お子様のスマートフォンをUQモバイルに変更するのであれば、ご家族もまとめてUQモバイルに乗り換える事で劇的に通信費をお安くできる可能性が高くなる訳です。

 

ちなみに割引額は△1100円×12ヶ月間、対象プランはMプラン以上と内容は同じになります。

 

自宅セット割の条件は「でんき」or「ネット」をまとめる

f:id:supekan777:20211204193023j:image

UQモバイルは割引の種類に「自宅セット割」があります。自宅セット割が適用されることにより、UQモバイルの基本料金がお安くなるだけでなく

 

今回キャンペーンがスタートした「UQ応援割」を対象年齢以外のユーザーでも適用できるようになります。

 

自宅セット割を適用させるには2種類の申し込み方法があり

  1. でんきコース
  2. インターネットコース

の2つから環境にあった自宅セット割のコースを選ぶ事ができます。

 

でんきコースを適用する場合は、ご自宅の電力会社を「auでんき」に切り替える事で自宅セット割の対象となります。

 

インターネットコースの場合は提携インターネットであれば自宅セット割を適用させる事ができますので対象のインターネットは下記からご確認ください。

自宅セット割(対象となるご自宅のインターネット一覧)│格安スマホ/SIMはUQ mobile(モバイル)【公式】

 

インターネットコースで割引を組む場合は、契約のプランも重要となっており

 

「ネットのみの利用」はNGで

 

「ネット+電話」もしくは「ネット+TV」の契約が自宅セット割の条件ともなりますので、この点にはご注意ください。

 

5歳以上~18歳以下の利用者登録でもOK

f:id:supekan777:20211204193032j:image

UQモバイルで「UQ応援割」を利用する場合に、条件が5歳以上~18歳以下の利用者が条件となっているため

 

契約する名義が、対象年齢のお子様じゃないとダメなの?と疑問を持つ方もいらっしゃることでしょう。

 

もちろんそんな事はなく、携帯の契約には「名義人」と「利用者」という登録項目が2つあります。

 

ですので

 

「名義人」→親権者様

「利用者」→お子様

 

このように契約の申し込みをすれば名義人の方が対象年齢に当てはまらなくてもなんの問題もありません。

 

利用者登録をする場合は、利用者として申し込みをする方の保険証やマイナンバーカードといった本人確認書類が必要になりますので

 

必ず持参するようにしてください。

 

  • ワイモバイルの親子割と比較してみよう

f:id:supekan777:20211204193043j:image

UQモバイルと常にライバル関係にある携帯会社がある事をご存知でしょうか?

 

その会社はソフトバンクグループから料金プラン提供が行われている「ワイモバイル」です。

 

ワイモバイルはUQモバイルと同じような料金プラン設定となっていますが、やはりUQモバイルとは別の会社なので若干の料金プラン差や、値引きの条件にも差があります。

 

またワイモバイルも2021年11月17日から「ワイモバイル親子割」という、お子様と家族割を組むことで

 

お子様以外の家族もお安くなる「UQ応援割」と同じようなキャンペーンも行われています。

 

ワイモバイルに興味を持たれていた方も、ワイモバイルの事を知らなかったユーザーさんも「UQ応援割」と「ワイモバイル親子割」を比較してみますので参考にしてください。

www.sumahoou.com

 

  • 「UQ応援割」と「ワイモバイル親子割」を比較

f:id:supekan777:20211204193055j:image

今回の「UQ応援割」と「ワイモバイル親子割」は割引金額は両者とも同額で、割引適用後の最安値も両者とも同額になります。

 

また割引の対象年齢も「5歳以上~18歳以下の利用者」という条件も同じで、同一グループの家族回線にキャンペーン値引きを適用できる点もまったく同じなのです。

 

  1. 対象プランがMプラン以上
  2. 対象年齢5歳以上~18歳以下
  3. 対象者と同一グループの家族も割引対象
  4. 割引額1100円/月
  5. 割引適用期間12ヶ月間
  6. 最安値がMプラン990円、Lプラン1870円

 

このように上記の内容はUQモバイルもワイモバイルも今回の「UQ応援割」と「ワイモバイル親子割」が適用されれば同じになる内容となります。

 

違う点は割引を適用するための条件

f:id:supekan777:20211204193106j:image

UQモバイルとワイモバイルは割引が適用できれば同じような金額になる事が分かったと思いますが、この割引を適用する為の条件が2社で異なります。

 

UQモバイルの場合は

「自宅セット割」を組むことが、家族にUQ応援割を適用させるための条件となります。

 

つまり、でんきコース、インターネットコースに申し込む必要がある為

 

auでんきや、対象インターネットを利用していなかったり、利用出来ない環境であれば、お子様がUQモバイルで「UQ応援割」で契約したとしても家族の回線はUQ応援割のキャンペーンを受けることはできません。

 

ワイモバイルの場合は

引用元:ワイモバイル公式サイト

https://www.ymobile.jp/cp/oyakowari22/

同一の家族割グループであれば、ワイモバイル親子割を家族回線にも適用ができるため

 

ご自宅のでんきサービスや、ネットのサービスがどこを利用していようが関係なく

 

お子様のワイモバイル契約と家族割を組めばワイモバイル親子割を適用させる事ができます。

 

1台目の料金が異なるのも確認しておこう

f:id:supekan777:20211204193202j:image

UQモバイルとワイモバイルでは割引適用後の最安値が同じになる料金設定ですが

 

割引がない場合で比較すると違いがあります。

 

UQモバイルを1人で契約した場合は

3GB 1,628円

15GB 2,728円

25GB 3,828円

 

ワイモバイルを1人で契約した場合は

3GB 2,178円

15GB 3,278円

25GB 4,158円

 

このように割引がない状況での比較を行うとUQモバイルの方がお安くなります。

 

ワイモバイルは家族割が適用されることにより、割引が入りますが家族割の値引きが入るのは2台目からになります。

 

つまりUQモバイルで2台契約するのとワイモバイルで2台契約するのでこのようなお支払いになります。

 

UQモバイル 1,628円+1,628円=3,278円

ワイモバイル 2,178円+990円(家族割あり)=3,168円

 

ワイモバイルで家族割が適用されても1台目がお安くならないことは覚えておきましょう。

 

  • 結論お得になるのはどっち!?

f:id:supekan777:20211204193234j:image

UQモバイルとワイモバイルの比較を記載しましたが結論お得になるのはどちらなのでしょうか。

 

答えは、「携帯以外の環境と契約する台数によって異なる」です。

 

曖昧な回答ですが、ご自宅のインターネットや電力会社を切り替えていいのであれば2社どちらでもお得にすることができますし

 

ご自宅の環境を変える事ができないのであれば

 

現在使用しているインターネットか電力会社の値引きが適用される携帯会社を選ぶしかありません。

 

インターネット、電力会社が2社ともUQモバイルとワイモバイルの割引対象外のサービスだった場合は、最終的に契約する携帯電話の台数で決めることになります。

 

1台であれば「UQモバイル」

2台であれば「ワイモバイル」、UQモバイルでも一応OK

3台以上であれば「ワイモバイル」

 

このように覚えておくといいでしょう。

www.sumahoou.com

 

 

 

PVアクセスランキング にほんブログ村