スマホ販売員[スペ太郎]の悩ましい人生

スマートフォンを販売し続けて5年、、先の見えない人生を送っています。しかし、スタッフの入れ替わりが激しいこの業界。常に新人の方々はどう販売をして行けばいいのか、もはや私と同じく電気屋さんなどに配属された人間はケータイコーナーには立てず家電コーナーでこれなんの仕事や!って思いながら働く人生。皆さん力を合わせて乗り越えて行きましょう

短期的な乗り換えの携帯契約は違約金が発生する?スマホにもブラックリストがあるって本当?

f:id:supekan777:20210928144600j:image

携帯電話を契約したものの、すぐに必要なくなってしまったり

 

お得にする為に乗り換えしたけど、他の会社にしたら電波が繋がりにくくなって元の会社に戻したい。

 

こんな状況で困っている方は多いと思います。

 

不可抗力とはいえ短期的に解約をしてしまうと、どのような不利益があなたに起きるのか現役の携帯販売員が分かる範囲でお伝えさせていただきます。

 

同じ携帯会社のグループ間ではどうなるのかau→UQモバイル間での短期解約についても別記事にてまとめていますので参考にしてください。

www.sumahoou.com

 

目次

 

  • 短期解約は違約金が発生する?

f:id:supekan777:20210928145147j:image

携帯電話を契約すると2年契約があるイメージって強いですよね

 

実際に2021年現在も2年定期契約は存在しているのですが、2019年10月以降に契約した場合は「解約金上限1100円」となっています。

 

つまり、この短期解約の記事を読まれている時点で2019年10月以降に皆さま契約している事になるはずなので違約金は1100円。もしくは掛からないという場合が一般的です。

 

また、以前はスマートフォンの機種代金に対しても短期解約時の違約金が別途設定されている事もありましたが

 

現在はこの仕組みも禁止されていますので

 

短期解約に対しての違約金は高くても1100円しか発生しないとの結論になります。

 

違約金に対する注意点

f:id:supekan777:20210928145033j:image

上記の内容はスマートフォンの契約に関する記載なので、WiFi等の固定回線インターネットは今も違約金は高いです。

 

あくまでも携帯電話の契約内容とご理解してください。

 

固定回線の場合は2年定期契約や3年定期契約、違約金は10000円~20000円このような縛りが現在もほとんどのサービスに負荷されています。

 

勘違いして固定回線を解約してしまわないようにしましょう。

 

コンセントに挿し込むだけで利用できる

ドコモの「home5G」

auの「ホームルーター5G」

ソフトバンクの「SoftbankAir」

に関しては新しく契約したモデルから違約金が無くなっていますので、契約時期によって違約金の有無が変わります。

 

  • 短期解約になる目安期間

f:id:supekan777:20210928145050j:image

それでは短期解約になる期間ってどれくらいなの?という疑問にお答えしていきます。

 

短期解約に関しての明確な契約期間は決まっておらず、携帯販売員でも何ヶ月利用して解約すれば大丈夫。

 

このような正解を知ってる人はいません。

 

しかし、お客様対応を行っているスタッフの経験談や実際に短期解約をしてしまったユーザーさんの体験談として、これくらい利用したら大丈夫らしい。という目安期間は世間に広がっております。

 

携帯販売員が説明する最低の利用期間は6ヶ月以上利用すれば大丈夫。もしくは3ヶ月以上使えば大丈夫。このように2つの基準があるようです。

 

2つの基準があるのはなぜ?

f:id:supekan777:20210928145103j:image

なぜ基準が2つもあるのか不思議に感じた方は多いかもしれません

 

理由としては、会社事に短期解約の基準が違う可能性がある事と、スタッフも何ヶ月という正解を分かっていないので

 

結論ここの何ヶ月と伝える基準は携帯販売員の裁量任せになっているわけですね。

 

6ヶ月以上利用すれば短期解約にはならない可能性が高そうですが、これよりも早く解約を検討する際は自己責任で判断するようにしまょう。

 

  • ブラックリストがあるって本当?

f:id:supekan777:20210928150325j:image

携帯の契約に関するブラックリストという物が実際に有るのか無いのかは分かりません。しかし、短期解約を行ってしまった事を原因に審査が通りにくくなるのは確かです。

 

総合的な判断で審査が通らないという場面が、携帯電話契約の際に見受けられるのですが

 

お客様へ過去に、短期解約した事があるか質問するとYESと答える場合がほとんどです。

 

料金支払いの未納がある場合は、未納額を払えば審査をほとんど通りますが「総合的判断」の場合は、契約までの期間を1年とかそれ以上開けなければ通らない事が多いので

 

いわゆるこの「総合的判断」の部分がブラックリストに近しいものになるのかもしれません。

 

  • 実際の体験談

f:id:supekan777:20210928162717j:image

筆者自信も利用者として、ブラックリストに載ったんじゃないか?という体験をしたことがありますし、販売員の視点からお客様の審査が通らないのは過去に契約したものを短期解約したのが原因じゃないか?という案件を

 

実際に経験したことはあります。

 

これから短期的な契約のサービスを解約するのか、他社に乗り換えするのかまさに悩んでいる方の参考になるかもしれませんので記載しておきます。

 

ユーザーとしての体験談

f:id:supekan777:20210928162731j:image

乗り換えでauのスマートフォンを契約する際に、スマホだけじゃなくホームルーターも一緒に契約したらお得になるよ!

 

と携帯販売員に伝えられたので携帯1台とホームルーターを契約しました。

 

ホームルーターは契約時の特典を増やすために契約したようなもので、実際に必要なサービスではなかったので当月中に解約。

 

およそ9ヶ月後くらいに、auで欲しい端末が発売されたのでドコモで利用していた回線を乗り換えようと手続きを行うと「総合的判断で審査NG」となり契約ができませんでした。

 

しかし、その1年後に同じくドコモから乗り換えを行ったら無事auで契約ができたという体験談。

 

短期解約をしてから1年間は契約できないという基準があったのかは不明ですが、1年以上2年未満の間で「総合的判断」が解消されたという事例です。

 

販売員としての体験談

f:id:supekan777:20210928162749j:image

お客様が他社からお乗り換えを検討されていたので、契約手続きを行うと「総合的判断でNG」

 

お客様の方から、「そう言えば半年前くらいに契約してすぐ解約した事がある」との申告。

 

短期解約が理由で審査が通らなかったのかは不明ですが、他社の未納が原因ではなかったので理由としては濃厚です。

 

このお客様が、このあとこの会社で契約が出来るようになったかは未だ分かっておりません。

 

  • どうしても解約したいのなら

f:id:supekan777:20211117085346j:image

通信費を安くするために乗り換えしたい、電話番号を新しく契約しなおしたい、契約している回線は不要になった。

 

このようにユーザーによってスマートフォンを解約したい理由は様々でしょう。

 

短期的に乗り換えたり、解約する場合は先述した通りユーザーにとってデメリットになってしまうことが大いにあり得ます。しかし、利用者とのしての都合もありますし短期的にスマートフォンの契約を解約するのはユーザーの自由です。

 

筆者が把握している経験談では、短期的に解約してしまった場合の不利益は「短期解約した携帯会社を一定期間契約できなくなる」という情報くらいで、これ以上の不利益を確認したことはありません。

※何度も繰り返して短期解約している場合は例外

 

つまり、どうしても短期解約をせざるを得ない状況であれば

  1. 一定期間その携帯会社を契約できなくて問題がないか
  2. 他社の携帯会社で契約しても問題がないのか

この2点を確認して自己判断のうえ契約を続けるのか、解約するのか再度検討してみるようにしましょう。

 

  • 通信費の見直しで解約を検討中の場合

f:id:supekan777:20211117085327j:image

ドコモ、au、ソフトバンクを契約中で通信費をお安くするために解約を検討しているのであれば

 

できるだけ同じグループ間での乗り換えを検討してみましょう。

 

ドコモ→ahamoもしくはOCNモバイル

au→povo2.0もしくはUQモバイル

ソフトバンク→LINEMOもしくはワイモバイル

 

このように大手キャリアの料金プランだと安くできないユーザーでも、大手キャリアが提供しているオンライン専用プランだったり、提携している格安SIMやサブブランドに切り替えることで

 

通信費の見直しが可能になります。

 

同じグループ間でも短期解約になる可能性はおおいにありますが、他社のグループへ移動するよりはリスクが低いかもしれませんので

 

通信費の見直しがしたい→どこにするか決めていない

 

このような場合は、同じグループ間での見直しというポイントを意識してみてもいいでしょう。

 

  • まとめ

f:id:supekan777:20210930165758j:image

このようにブラックリストが実際にあるのか、ないのかは分かりませんが

 

実際に短期的な契約のサービスを解約してしまうと、その短期解約した携帯会社を契約しにくくなることに間違いはないのではと考えます。

 

契約したからには、少なくとも半年間の利用をおすすめしますが、どうしても解約しなければならないという場合であれば、契約を辞めるも続けるもユーザーの自由なので短期解約のリスクを把握したうえで、ご自身の判断で行動するようにしましょう。

 

 

 

PVアクセスランキング にほんブログ村