スマホ販売員[スペ太郎]の悩ましい人生

スマートフォンを販売し続けて5年、、先の見えない人生を送っています。しかし、スタッフの入れ替わりが激しいこの業界。常に新人の方々はどう販売をして行けばいいのか、もはや私と同じく電気屋さんなどに配属された人間はケータイコーナーには立てず家電コーナーでこれなんの仕事や!って思いながら働く人生。皆さん力を合わせて乗り越えて行きましょう

携帯電話の契約に付いてくるオプションは強制加入?解約忘れには要注意!

f:id:supekan777:20220211235654j:image

携帯電話の契約って何故かオプションに最初だけで良いので加入してくださいとか、値引きの条件なんで!とか理由付けて毎回毎回言われますよね?

 

これってオプションを必要としていない利用者からすれば本当に迷惑な契約方法かと思われます。

 

乗り換え等の値引き条件として加入を促されるのは理解できますが、なんの値引きもない機種変更手続きでもオプション加入を条件に契約を受付する店舗もあるようです。

 

今回の記事ではオプションは強制加入なのかや、オプション加入をするのであれば必ず不要なサービスは外す手続きが必要という内容でまとめますので必ず最後まで読んでください。

 

目次

 

  • なぜ契約時にオプション加入を勧めてくるの?

f:id:supekan777:20220211235707j:image

携帯販売員がオプション勧めてくる理由として大きく3つの理由が考えられます。

 

1つ目の理由としては純粋にオプションサービスを利用してもらいたい、楽しんでいただきたいと言う心から勧めてくる場合が考えられます。

 

2つ目の理由に関してはオプション加入の件数がノルマになっている可能性が高いと言うことです。オプションをユーザが使う使わないといった事は関係なくオプションに加入することで携帯販売員のノルマ達成に繋がる可能性が考えられます。

 

3つ目の理由は携帯電話を購入する際のキャンペーンを適用させるための条件として、オプション加入が条件となっている場合です。

 

このキャンペーンを使う為にはオプション加入が必須と言われれば購入するユーザーからすれば致し方なく加入せざる得ないでしょう。

 

オプションは強制加入なの?

f:id:supekan777:20220211235740j:image

携帯を契約する際のオプション加入って強制的なの?と疑問に感じる方も多いでしょう。

 

もちろんオプションが強制加入なんて事はなく、断ることがもちろんできますし、強制加入しないといけないような店舗であれば、ある意味それは大きな問題だと考えられます。

 

しかしオプション加入が携帯電話を安くする為の条件だったり、手数料や頭金を安くする為の条件となっているのであれば加入することで安くなるという選択になりますので強制ではありませんが、加入する事になるでしょう。

 

オプションに加入したくないし、安くならなくてもいい!ということであれば堂々と断りましょう。

 

そもそも値引きも特になく、普通に機種変更や購入手続きをするだけなのにオプション加入を勧めてくるのようであれば、不要なオプションの場合キッパリと断るようにしましょう。

 

あまりにもしつこいなら別店舗にしよう

f:id:supekan777:20220211235757j:image

オプション加入を断ってるのにそれでも勧めてきたり、オプションに加入しないと手続きができません。というように無理強いをされる場合は、その店舗での手続き自体を辞めて別店舗に行く事も1つの手段です。

 

同じ携帯会社でも契約手続きを行う店舗によって、オプション加入に対する案内の温度感が大きく異なると考えられています。

 

同じ携帯会社で同じ携帯電話の料金プランを契約するのに、申し込む店舗が違うだけでオプションに加入する手間がなくなったり、スタッフから案内されるストレスが軽減されると考えれば嫌な気持ちのまま、その場で契約するよりも違う店舗に足を運びもう一度案内を聞いた方が、契約する料金は同じでも断然良い案内を受けれるかもしれません。

 

逆にユーザー側の視点から優しさを魅せるのであれば、オプションに加入してあげるだけで目の前の販売員は凄く喜ぶかもしれませんので、オプションを後から外す事に抵抗を感じなければ加入してあげるだけで良い雰囲気のままスムーズに手続きが進むことでしょう。

 

特に最近では最初の何ヶ月間は無料といったように、ひとまずユーザーに試してもらう為の期間を設けていることが多いです。

 

無料期間内にオプションを外すことさえ忘れなければ費用面でもマイナスになることはなく、オプションを楽しめますので携帯販売員にとってもユーザーにとってもwin-winになるのではないでしょうか。

 

オプション加入の際は外し忘れに要注意!

f:id:supekan777:20220211235813j:image

携帯契約の際にオプションに加入したのであれば、何のオプションに加入したのかは必ず覚えておく必要があります。

 

必要なオプションだったとしても、将来的には不要になる可能性もありますし、最初から特典のために加入したオプションに関しては実際に使うものではない可能性が高いと思いますので、覚えているうちに必ず外す必要があります。

 

オプション加入の際はほとんどの場合が「最初の何ヶ月間は無料なので無料期間内は試してみてください。」とお勧めされることがほとんどです。

 

無料期間に関しては、昔は30日間というオプションが多かったのですが、最近では3ヶ月間や6ヶ月間といった長期的な無料期間のものが多くなってきています。

 

無料期間が長くなると、ユーザーにとっては嬉しいことが多いですが、オプションをなんとなくで利用しようかなと思っていた方にとってはオプション加入していることを忘れた頃に無料期間が終了し、料金発生している事にも気づかない場合も考えられます。

 

ま本当に必要なオプションなのか、不要なオプションなのかは最初の1週間程度で確認しなければオプション加入していたことさえ忘れてしまう勿体ない状況になりますので気をつけるようにしましょう。

 

端末補償は間違えて外さないようにしよう

f:id:supekan777:20220211235834j:image

携帯契約の際に加入したオプションを外すのであれば、間違えて携帯補償まで外してしまわないように注意しましょう。

 

何のオプションに加入しているか分からずまとめてオプションを外そうと考えた場合に、携帯補償も扱いとしてはオプションになりますので一緒に外されてしまう可能性が考えられます。

 

インターネットからご自身で外す場合は一つ一つ外すので間違える事はないでしょうが、電話サポートに問い合わせをしてオプションをはずす場合はコールセンターのスタッフに「全てオプションを外してください。」と伝えるかもしれません。

 

このような伝え方をすると、もしかしたら補償もオプションだから外すのかな?とスタッフも勘違いしてしまいますので要注意です。

 

実際に試してみることで魅力を感じることも

f:id:supekan777:20220211235914j:image

オプション加入を勧められた際は実際に試してみることでそのオプションに魅力を感じる可能性もあります。

 

最近では音楽配信コンテンツや、動画コンテンツのオプションが普及しておりApple MusicやYouTubeプレミアムDAZNなど有名な有料コンテンツが何ヶ月間か無料で使えると言うキャンペーンが行われています。

 

お勧めされるオプションが内容を聞いてみて全く興味を惹かれなかったとしても無料で使えるオプションなどであれば加入してみる価値はあるかもしれません。

 

注意点としてはオプションが無料だった場合に無料期間がどれくらいあるのか、オプションが不要になった場合にどのようにして解約するのかを確認しておくことが重要です。

 

 

 

 

 

PVアクセスランキング にほんブログ村