スマホ販売員[スペ太郎]の悩ましい人生

スマートフォンを販売し続けて5年、、先の見えない人生を送っています。しかし、スタッフの入れ替わりが激しいこの業界。常に新人の方々はどう販売をして行けばいいのか、もはや私と同じく電気屋さんなどに配属された人間はケータイコーナーには立てず家電コーナーでこれなんの仕事や!って思いながら働く人生。皆さん力を合わせて乗り越えて行きましょう

光回線の値下げに期待!総務省が携帯電話に続き、WiFiの縛りや電話勧誘を見直しか?

f:id:supekan777:20220202185713j:image

2021年は総務省の指示により携帯電話の通信費が大きく値下げされた年として通信業界には歴史が刻まれました。

 

大手キャリアからオンライン専用プランが発表されたり、格安スマホと提携を行いサブブランドとしての料金プラン提供を始めた携帯会社も現れましたね。

 

携帯電話を利用するユーザー側からすれば、通信費が安くなった事により嬉しい事しかありませんでしたが、MVNOとして格安スマホ事業を行っていた携帯会社は経営が困難になっていることでしょう。

 

今回は、そんな携帯電話の値下げに続き光回線の値下げにも総務省が動き始めているとの情報を確認しましたので記事にまとめます。

 

目次

 

  • 2021年は携帯電話の大幅値下げが実現!

f:id:supekan777:20220202185726j:image

2021年は菅政権の政策のもと携帯電話の携帯料金が大幅な値下げが実現されました。

 

携帯電話の通信費は今より4割は安くできると大体的に公言していたため、8000円の通信費を支払っているユーザーが4800円で今後は携帯電話を利用が出来ると言っているようなものだった訳なんですね。

 

総務省は携帯料金の値下げだけではなく、契約期間の縛りや端末購入に関する縛りも緩和するように求め2021年は確かに「携帯料金の値下げ」、「違約金の減額、撤廃」、「端末購入の条件緩和」が実現されましたのでそれぞれの項目を大手キャリアと格安スマホ事に確認してみましょう。

 

 

大手キャリアの通信費状況

f:id:supekan777:20220202185829j:image

大手キャリアの通信費は大きな見直しがされるまでは、低容量のデータプランと大容量のデータプランに分けられた2極化状態でした。

 

低容量プランを契約した場合、1GB未満の利用でも2500円~3500円の通信費が必要になり通話オプションに加入すると1GB未満でも5000円を超える通信費が当たり前でした。

 

5GB以上のデータ量を消費するユーザーは大容量プランを契約する事になるのですが、6000円~8000円の通信費が必要になり通信オプションに加入すると基本料金だけで1万円近く支払う事も有り得ました。

 

2021年の通信費見直しでは、この2極化された料金プランを直接値下げするという事はありませんでしたが、インターネットからのみ申し込みができる「オンライン専用プラン」が提供開始されたことにより、20GB+通話オプションの組み合わせが3000円程度で利用出来るよになったのです。

 

またKDDIとソフトバンクに関しては、UQモバイルとワイモバイルをそれぞれのグループに事業統合させた事により、サブブランドプランとして店舗でも格安な料金プランの申し込みを可能にしました。

 

最安値は3GBプランで990円~と通話オプションを付けても2000円程度の支払いになる為、大幅な値下げがされたと言えるとでしょう

 

このように、オンライン専用プランもしくはサブブランドへの見直しをする事で大半のユーザーが通信費4割削減を実現出来たのではないかと考えられます。

 

格安スマホの通信費状況

f:id:supekan777:20220202185849j:image

UQモバイルとワイモバイルが大手キャリアに統一され、今まで以上に格安な料金プランで提供を開始した事により、格安スマホは今まで以上の料金値下げをせざる得ない状況となっています。

 

また携帯会社に大手キャリアの4社目として参入した楽天モバイルが1GB未満は通信費0円を謳っていることもあり、0円に対抗する付加価値も必要性を求められるようになっているのです。

 

格安スマホで有名な会社と言えば、「OCNモバイル」、「BIGLOBEモバイル」、「mineo」、「IIJmio」このように様々な事業者を思いつく事ができます。

 

各社の料金プランは最安値を今まで以上に値下げしたり、データ量の増量や、エンタメコンテンツのカウントフリーといった付加価値を追加することで通信費維持を図ったりしています。

 

OCNモバイルONEに関しては、2021年10月にドコモショップで受付できるよに提携を行い「ドコモのエコノミーMVNO」という新しいサービス名で現在もサービス提供を行っています。

 

格安スマホは店舗での受付窓口が少ないデメリットがありましたが、OCNモバイル通信費値下げだけではなく、店舗受付に関するデメリットも乗り越えた携帯会社と言えるでしょう。

 

  • 光回線への通信費見直しも実施中

f:id:supekan777:20220202185936j:image

総務省は携帯電話の料金値下げだけに留まらず2022年は光回線への通信費見直しや、事業展開の見直しを実施しています。

 

光回線の通信費はマンションで5000円程度、一戸建てだと6500円程度が相場となっており携帯電話の通信費が大幅な値下げをしている最中でも全く金額変動をせずそのままの料金相場で提供が行われてきました。

 

光回線に対する通信費の見直しに関しては、どのくらいの値下げが実施されるのかは不明ですが、光回線のサービス提供に関する関連項目の「違約金の見直し」、「電話勧誘の見直し」も見直しも検討されています。

 

特に光回線の電話勧誘に関しては悪質な事案も多く、総務省の公式ホームページにて注意喚起が大体的に行われておりますので早急な対策が求められる内容となります。

 

総務省|電気通信消費者情報コーナー|光回線サービスの電話勧誘に関する注意啓発について

 

総務省|光回線契約を締結している利用者に対するアナログ電話への移行勧誘に関する注意喚起

 

光回線の値下げや違約金の見直しはまだ協議段階と言えますので、携帯電話が見直しされたように大幅な値下げがされることを期待し

 

また違約金が撤廃されることになれば、悪質な電話勧誘はより一層加速する事が容易に想像されますので、まずは私達消費者も電話勧誘の被害に合わないよう注意しながら総務省が改善してくれるのを

 

 

 

 

 

 

PVアクセスランキング にほんブログ村