スマホ販売員[スペ太郎]の悩ましい人生

スマートフォンを販売し続けて5年、、先の見えない人生を送っています。しかし、スタッフの入れ替わりが激しいこの業界。常に新人の方々はどう販売をして行けばいいのか、もはや私と同じく電気屋さんなどに配属された人間はケータイコーナーには立てず家電コーナーでこれなんの仕事や!って思いながら働く人生。皆さん力を合わせて乗り越えて行きましょう

トーンモバイルって何?エコノミーMVNOでの提供が開始

f:id:supekan777:20220201073932j:image

今まででトーンモバイルという名前を聞いた事ある方は少ないのではないでしょうか。

 

お子様用のスマホ契約で知名度をアップさせているトーンモバイルですが、今回はどのような料金プランで提供しているのかや、どこの会社がトーンモバイルを提供しているのかといった内容を記事にまとめます。

 

合わせてトーンモバイルをドコモショップでの受付が可能になった「ドコモのエコノミーMVNO」についても触れますので興味のある方は是非ともチェックしてみてください。

 

目次

 

  • トーンモバイルがドコモで受付可能に!

f:id:supekan777:20220201073946j:image

ドコモのエコノミーMVNOという一部格安スマホがドコモショップで受付できるようになるサービスが2021年10月からスタートしています。

ドコモのエコノミーMVNOって何?安くなるのかahamoとも比較 - スマホ販売員[スペ太郎]の悩ましい人生

 

提供開始時はOCNモバイルONEのみドコモショップで受付可能でしたが、2021年12月より新しく「トーンモバイル」もドコモショップで受付可能になりました。

 

格安スマホがドコモショップで申し込みができるようになった事により、今まで格安スマホに対してハードルを高く感じていたユーザーも安心して契約にチャレンジできるようになるのではないかと感じています。

 

先行して受付を開始していたOCNモバイルONEについて詳しく確認したい場合はコチラの記事を参考にしてみてください。

OCNモバイルをお得に契約しよう!現役スマホ販売員がまとめた記事 - スマホ販売員[スペ太郎]の悩ましい人生

 

トーンモバイルはお子様向けに設定された料金プランとも言われていますので、子供用ではないよ!と感じた方はOCNモバイルONEを契約する方法も検討してみましょう。

 

トーンモバイルって一体何?

f:id:supekan777:20220201074359j:image

それではトーンモバイルについて詳しく確認してみましょう。

 

トーンモバイルは今まで「カメラのキタムラ」や「TSUTAYA」でサービス展開されていた格安スマホサービスで、プロバイダ会社では有名な「DTI」が事業展開を行っています。

 

回線はドコモ回線を利用しており、端末はiPhoneもしくはトーンモバイル専用のAndroidスマートフォンを利用して契約を行う仕組みになっています。

 

プラン設定のコンセプトは、お子様の見守り機能やシニアの安心サポートをメインに考慮されていますので、オススメとされるユーザーターゲットは「お子様」もしくは「シニア」ということになりそうです。

 

料金プランは1つだけで超シンプル!

f:id:supekan777:20220201074410j:image

トーンモバイルの料金プランはたったの1つだけで超シンプルな料金設定となっています。

 

月額1100円の通信費で、動画以外は使い放題のプラン内容で他社にはない特徴を持っています。

 

動画を視聴したい時はどうしたらいの?と疑問を持たれるかもしれませんが、動画視聴には「動画チケット」を別途購入することで視聴することが可能です。

 

引用元:動画チケット | トーンモバイル
f:id:supekan777:20220129072815j:image

 

動画チケットの価格はこのようになっており、トーンモバイル専用Android端末とiPhoneではチケット価格が異なります。

 

他社で1GBを課金すると約1000円が相場なので、300円~500円で1GB分視聴できると考えれば割安かもしれません。

 

通話に関しては通常の電話番号に加え050から始まるTONE IP番号もついてきます。

 

それぞれの電話番号で通話を行った場合で通話料が異なりますので、この仕組みは実際に利用するユーザーに把握させておく必要があります。必ずチェックして利用者にはお伝えしておくように心がけるようにしましょう。

 

また利用する端末がiPhoneとAndroidで音声通話の料金も変わりますので覚えておきましょう。

 

引用元:トーンモバイル │ トーンモバイルのオリジナルAndroid端末

Android
f:id:supekan777:20220129073901j:image

iPhone
f:id:supekan777:20220129074256j:image

 

オプションとして5分かけ放題もありますがiPhoneの場合は770円で追加ができ、Android端末の場合は1045円で追加ができます、Android端末の5分かけ放題は価格設定が300円ほど高くなりますので注意が必要です。

 

 

使える端末には要注意

f:id:supekan777:20220201074451j:image

トーンモバイルの契約には何の端末でも利用ができる訳ではなく、トーンモバイルに対応した専用端末もしくはiPhone6s以降(IOS15以降)の端末を準備する必要があります。

 

Android端末の場合はトーンモバイルから発売されている「TONE e21」を購入する事になりますので、端末の詳細はコチラから確認して頂ければスペック等や本体価格は確認できます。

TONE e21 | 安くて安心なスマホならトーンモバイル

 

iPhoneの場合は、iPhone6s以降の端末でバージョンアップも出来ていなければトーンモバイルに対応出来ない可能性がありますので注意が必要です。

 

バージョンはIOS15以降が条件になっていますので、IOS15はかなり最近のバージョンとなっており、本体容量が16GBのiPhone6sを利用中のユーザーは容量不足のためバージョンアップ自体が出来なくなっている可能性も考えられますので事前の確認は必ずおこないましょう。

 

またドコモ回線を利用した契約になりますので、KDDIグループやソフトバンクグループで購入したキャリア版のiPhoneであればSIMロック解除手続きを行い、ドコモ回線が利用できるようにSIMフリー化しておく必要があります。

 

SIMロック解除の手続き方法に関しては下記にて確認をするようにしておきましょう。

自分でSIMロック解除をする方法とは、au、ドコモ、ソフトバンクそれぞれ解説 - スマホ販売員[スペ太郎]の悩ましい人生

 

  • トーンモバイルのメリットとデメリットを知ろう

f:id:supekan777:20220201074611j:image

トーンモバイルを契約するにあたり、どのようなユーザーにメリットがあるのでしょうか?シンプルな料金プラン設定である事は分かりましたが、シンプル過ぎるが故に誰に対してオススメなのか、どんな人は使わない方がいいのかが分かりにくいですよね。

 

トーンモバイルの料金プランにどのようメリットデメリットがあるのか確認を行い、どんな人にオススメなのか、契約しない方がいいのはどのようユーザーなのかをまとめていきます。

 

ちなみにトーンモバイルは、iPhoneであればドコモショップでの申し込み、専用Android端末であればカメラのキタムラで申し込みができますので店頭受付ができる前提で記載を行います。

 

デメリットは何があるの?

f:id:supekan777:20220201074653j:image

トーンモバイルを契約するにあたり、どのようデメリットがあるのか先に確認してみましょう。

 

トーンモバイルのデメリット

  1. Android端末は好きなモデルを選べない
  2. 通信速度はMVNOなので速い訳では無い
  3. AndroidのTONE端末だと24ヶ月以内は違約金9800円

 

メリットは何があるの?

f:id:supekan777:20220201074626j:image

それではトーンモバイルを契約するにあたり、どのようメリットがあるのか確認してみましょう。

 

トーンモバイルのメリット

  1. 見守り機能が最大の魅力
  2. 動画以外は無制限
  3. ドコモ回線のため利用できるエリアが広い
  4. 電話番号が2つ使える
  5. サポートが充実している

 

  • トーンモバイルはどんな人にオススメ?

f:id:supekan777:20220201074711j:image

ここまでトーンモバイルの料金プランやメリットデメリットを確認してきましたが、結局はどんな人にオススメなサービスになるのでしょうか。

 

トーンモバイルの料金プランは動画以外は使い放題と、動画を視聴する為には都度動画チケットの購入が必要になりますので、動画を普段から楽しみたい方にはオススメできないサービスとなるでしょう。

 

トーンモバイルのメリットにありました、見守り機能の充実、サポート体制の充実はオススメできる理由に直結するのですが、お子様専用やシニア層への利用がオススメできるサービスになると考えられます。

 

他社の携帯料金プランはデータ容量を消費すると速度制限に掛かってしまったり、従量制の仕組みで勝手に通信費が高くなるリスクがありますが、トーンモバイルでは動画以外使い放題で一律1100円/月なので安心して携帯電話の利用ができます。

 

また操作方法が分からなくなった場合に無料でオペレーターサポートにて対応ができますので、スマートフォンの操作に自信がないシニア層も安心して利用ができる事でしょう。

 

引用元:TONE for docomo │ iPhoneにSIMを挿すだけ「TONE for iPhone」
f:id:supekan777:20220129083752j:image

 

問い合わせ内容もこのようなシンプルな事が聞けるようなので、契約前で不安に感じている方もこの項目に目を通したら安心して申し込みできるのではないかと思います。

 

  • エコノミーMVNOで契約してみよう!

f:id:supekan777:20220201074733j:image

トーンモバイルはドコモショップで受付ができるようにサービス展開を行っていますが、ドコモショップで申し込みする場合は「トーンモバイルfor docomo」の料金プランで申し込みを行います。

 

iPhone端末限定での申し込みになりますので、トーンモバイル専用のAndroid端末で利用をしたい方はカメラのキタムラで申し込みを行うようにしましょう。

 

ドコモショップでトーンモバイルの申し込みができる事により安心して手続きができるだけではなく、通信がちゃんと繋がるように初期設定までしてもらえます。

 

またdアカウントの連携を行うことでdポイントも貯めれるようになりますので、少しでもお得にしてみたい方は覚えておくといいでしょう。

 

 

 

PVアクセスランキング にほんブログ村