スマホ販売員[スペ太郎]の悩ましい人生

スマートフォンを販売し続けて5年、、先の見えない人生を送っています。しかし、スタッフの入れ替わりが激しいこの業界。常に新人の方々はどう販売をして行けばいいのか、もはや私と同じく電気屋さんなどに配属された人間はケータイコーナーには立てず家電コーナーでこれなんの仕事や!って思いながら働く人生。皆さん力を合わせて乗り越えて行きましょう

携帯電話は何月が安くなる?いつ買い替えればいいか携帯販売員が解説

f:id:supekan777:20220121135046j:image

携帯電話を買い替えるタイミングは凄く迷いますよね。

 

どうせ買い替えるなら少しでもお得に購入したいと考えてしまいますが、携帯電話は何月に契約するのが安くなるのでしょうか。

 

携帯電話の購入を安くするためには、2つの視点からお得になるのかを考えなければいけないので、この2つのポイントに注目しながらいつ買い替えればいいのか解説を行います。

 

目次

 

  • 携帯電話は12月~3月が安くなりやすい!

f:id:supekan777:20220121135058j:image

携帯電話っていつが安くなるのか気になった事あると思いますが、基本的には安くなるタイミングは余りありません。

 

時期というよりも契約の方法によって安くなるのか安くならないのかが変わります。基本的に同じ携帯会社で買い換える「機種変更」は安くなりませんし、携帯会社を変更する乗り換えはいつでも安くなることでしょう。

 

まずはこのベースをしっかり抑えた上で続きを読んでみるようにしてください。

 

携帯電話がよく売れる繁忙期は2つの時期が考えられており、1つ目はApple製品のiPhoneが毎年発売される10月頃です。この時期になると最新のiPhoneを求めてたくさんのiPhoneユーザーが買い替えに訪れます。

 

2つ目は12月~3月の学割&新生活シーズンです。この時期は携帯電話だけでなく、自宅のWiFiサービスとなる固定回線も安くなる可能性が高くなります。

 

固定回線を検討している方は、12月から3月頃は是非とも申し込みを考えてみてもいいでしょう。

 

携帯電話に関しては安くなる可能性は高いのですが、学割がメインになるため対象年齢に当てはまらなかった場合は安くならないことも有り得ますので覚えておいてください。

 

機種代金ではなく通信費が安くなる

f:id:supekan777:20220121135128j:image

ここからは12月~3月頃にスマートフォンを買い替えた場合にフォーカスして何が安くなるのか解説します。

 

携帯電話がいつ安くなるのかという疑問に関しては先述したのですが、携帯電話が安くなるという計算方法には2つの視点から検討する必要があります。

 

1つ目は契約時に機種代金をどれだけ値引きする事ができるのか。2つ目が毎月お支払いする通信費をどれだけ安くする事ができるのかの2点から考える事が重要です。

 

1つ目の機種代金をどれだけ値引きする事ができるのかについて考察すると、契約時の機種代金値引きは最大で2万円までしか出来ないと法律で決められていますので実際のところは12月~3月の時期じゃなくても乗り換え契約であれば、ほとんどの場合で最大の2万円引きができます。こうなると時期は関係なくいつ買い替えても安さは同じということになりますので機種代金だけで考えるといつ買い替えても一緒だということになります。

 

2つ目の毎月お支払いする通信費をどれだけ安くできるかというポイントですが、この点に関してはまさしく12月~3月のシーズンでしか値引きが入らないお得なキャンペーンだと考えることができます。

 

2022年で考えると、UQモバイルの「UQ応援割」やワイモバイルの「ワイモバ親子割」が代表的な例になります。

 

12月~3月のキャンペーンは非常に安くする事ができるのですが、学割関連のキャンペーンが多いため対象年齢の条件が設定される可能性があります。

 

このように安くなりやすい時期でも年齢制限などの条件が設定されるのであれば、ユーザー次第では安くなる時期は特にないという結論になり、いつ買い替えても同じということになりますので買い替える際は、時期を考えるよりも携帯会社を変更する乗り換えを優先して検討するようにした方がいいかもしれませんね。

 

機種代金を安くするのはタイミングが重要

f:id:supekan777:20220121135141j:image

機種代金を安くするためには乗り換えをする事が1番重要な手続き方法になりますが、乗り換え契約では値引きできる金額が2万円までと決まっていますので、最近は携帯会社と契約せずとも端末の値引きをする「端末のみ購入値引き」が主流になりつつあります。

 

この端末のみ購入値引きは、乗り換えのように携帯会社と契約をしなくても

 

携帯会社にある携帯電話という商品を「これが欲しいです。」と言って購入するだけで値引きをして貰える、意味が分からない値引きのキャンペーンとなっています。

 

例えばiPhone13シリーズが10万円するとして、これが欲しいですと伝え端末のみの購入をしたとします。この際に端末のみ値引きのキャンペーンが行われていれば値引き額はキャンペーンによって異なりますが、2万円や3万円といった金額の値引きがされて購入できるのです。

 

この端末購入のみの値引きは誰でも欲しいと思ったときに携帯会社とわざわざ契約する必要なく安く購入する事ができますので非常にユーザー側に嬉しい値引きとなっています。しかし端末のみで値引きをして購入できる方法には購入台数の制限がされており、基本的に1人1台までとなっている事が多いようです。

 

この点には注意をして何の機種を購入するのか検討する必要がありそうです。

 

このように、乗り換え契約であれば正直なところはいつでも2万円値引きをして安く購入できると考えて良いと思われるのですが、端末のみ購入の値引きはキャンペーンが突然無くなったり、突然始まったりする不安定なキャンペーンのようなので希望する機種が端末のみ購入値引きの対象となる可能性があるのか、値引きが入る可能性がある機種なのであれば、しっかりと値引きが入っているタイミングを狙って購入をするようにしてみましょう。

 

  • iPhoneなら9月~11月が狙い目

f:id:supekan777:20220121205307j:image

携帯電話を安く購入できる時期は12月~3月頃を検討してみる方法と、端末のみ購入の値引きが入るタイミングを確認してみる方法をまとめましたが、最後にiPhoneを利用中のユーザーに向けてiPhoneを少しでも安く購入できる時期を解説します。

 

iPhoneかつ型落ちでも問題ないというiPhoneユーザーさんは、毎年iPhoneが発売される9月~11月頃が型落ちモデルのiPhoneが値下がりする絶好のチャンスです。

 

端末のみ購入の値引きが今後も継続するのであれば余り参考にならないかもしれませんが、iPhoneは最新モデルが発売されると毎年型落ちモデルの端末価格が1万円近く値下がりする事が一般的なんですね。

 

2022年から携帯会社にてiPhoneの異常な値下げ販売が継続して行われているため、2022年モデルのiPhoneが発売する際は、型落ちが値下がりしたとしても最新モデルが直ぐに値下げ対象に含まれる可能性があるので、わざわざ購入するのかと言われれば微妙な判断となることでしょう。

 

iPhoneは通常9月~11月頃が型落ちモデルが安くなり狙い目と考えられていましたが、2022年は携帯会社の販売手法によって大きく傾向が変わるかもしれませんので気をつけるようにしましょう。

 

 

 

 

PVアクセスランキング にほんブログ村