スマホ販売員[スペ太郎]の悩ましい人生

スマートフォンを販売し続けて5年、、先の見えない人生を送っています。しかし、スタッフの入れ替わりが激しいこの業界。常に新人の方々はどう販売をして行けばいいのか、もはや私と同じく電気屋さんなどに配属された人間はケータイコーナーには立てず家電コーナーでこれなんの仕事や!って思いながら働く人生。皆さん力を合わせて乗り越えて行きましょう

格安スマホの利用者はAppleWatchはGPSモデルにしよう!

f:id:supekan777:20220125190328j:image

AppleWatchにはGPSモデルと、セルラー(Cellular)モデルの2種類があることを知っていますか?

 

格安SIMが普及してきている現在、AppleWatchを購入する方はGPSモデルとセルラーモデルの違いを理解していないと大きく損してしまう可能性があります。

 

今回は現役の携帯販売員がAppleWatch2種類の違いと、格安SIMだとなぜ損してしまうのか記事にまとめましたので参考にしてください。

 

目次

 

  • 格安SIMだとセルラーモデルは意味がない!

f:id:supekan777:20220125190341j:image

Applewatchを購入する際に何も知らずに購入しに行くと、買う必要のなかった高いApplewatchを購入して失敗してしまう可能性があります。

 

Applewatchには「GPSモデル」と「セルラーモデル」の2種類があり、セルラーモデルの方が本体価格は高めに設定されています。

 

店舗にせっかく買いにいったのに在庫の兼ね合いから仕方なくセルラーモデルを購入するのであれば、それはしょうがないですが自分で何となくセルラーモデルを選んでしまったり、販売員にオススメされたから購入するというのは非常に勿体ないです。

 

下記にてまずはGPSモデルとセルラーモデルの違いを記載しますので確認をしてみてください。

 

  • GPSモデルとセルラーモデルの違い

f:id:supekan777:20220125190349j:image

Applewatchを購入するにあたり、GPSモデルとセルラーモデルの違いを理解する事は重要です。

 

前提としてGPSモデルを購入して後々セルラーモデルが良かった!と後悔する事はあっても、セルラーモデルを購入してGPSモデルにすれば良かった!と後悔することは使い勝手に関してはありませんので覚えておきましょう。

 

セルラーモデルを購入して唯一後悔するポイントは、必要ともしていない機能のために高い金額を出してApplewatchを購入してしまった、、と金銭面での後悔をするだけかと思われます。しかしこの高い金額を払ってしまう事が防げれば、浮いたお金で違う事に回すことができますし次回また新しいApplewatchに買い替える際にも困ることなく購入ができるのです。

 

まず違いの説明をする前に、Applewatchを利用する上でどのように通信を行っているのか解説します。

 

ApplewatchはiPhoneとBluetooth接続を行うことで、iPhoneに届いた通知や着信をApplewatchにも連動させてお知らせしてくれる事が魅力的な時計です。

 

このようにiPhoneとApplewatchがBluetoothで繋がる事によって初めてApplewatchの機能が活かされるようになるのですが、もしもiPhoneとApplewatchの距離が離れてBluetooth接続が出来なくなるとApplewatchをどうなってしまうのでしょうか。

 

この場合はApplewatchがただの液晶が動く時計となってしまいiPhoneに届いた通知は受け取れなくなります。

 

このようにiPhoneとApplewatchはBluetoothでの接続をメインとして機能するように作られているのですが、利便性を考えてiPhoneとApplewatchがBluetooth接続出来なくてもApplewatch単体でiPhoneの通知を受け取れるようにしようと作られたモデルがセルラーモデルになるのです。

 

つまりApplewatchの「GPSモデル」はBluetooth接続でのみ通信を行いiPhoneと連動するモデルで、「セルラーモデル」はBluetooth接続がなくてもApplewatchがiPhoneと連動できるモデルということになります。

 

この文章だけ見るとセルラーモデルの方が絶対いいじゃん!と感じた方もいるかもしれませんが、セルラーモデルを利用するには2つ条件があり、1つ目はドコモ、au、ソフトバンクでスマートフォンを契約していること。2つ目はApplewatchに対しても契約が必要となりますので、月額の通信費を支払って専用プランを契約する必要があるということです。

 

セルラーモデルの機能を活かすためには上記2つの条件を満たす必要がありますので、そもそも携帯会社が格安スマホを利用していたり、Applewatch単体で通知を受け取る為だけに契約までしなくてもいいかなと考える場合はGPSモデルの購入をした方がオススメになるという訳なのです。

 

  • セルラーモデルは大手3キャリアで月額制

f:id:supekan777:20220125190418j:image

セルラーモデルのApplewatchを購入してApplewatch単体での通信を利用するには携帯会社との契約が必要となります。

 

月額の通信費は携帯会社ごとに異なります。各社の通信費は

 

ドコモ 550円(ワンナンバーサービス)

ワンナンバーサービス | サービス・機能 | NTTドコモ

 

au 385円(ナンバーシェアサービス)

ナンバーシェア | サービス | Apple Watch | au

 

ソフトバンク 385円(Applewatchモバイル通信サービス)

Apple Watch モバイル通信サービス | スマートフォン・携帯電話 | ソフトバンク

 

このように携帯会社ごとに契約時の通信費は異なりますが、ワンコイン程度の通信費になりますのでApplewatch単体だけで考えれば安い通信費だと感じるかもしれませんね。

 

現在格安スマホを利用中のユーザーがApplewatchのプランを契約する為には、携帯電話も大手キャリアに乗り換えることになりますので携帯電話の通信費がいくら変わるのかも確認することが重要なポイントとなることは覚えておきましょう。

 

  • 将来を見越して購入するならOK

f:id:supekan777:20220125190425j:image

Applewatchを購入する際にGPSモデルにするのかセルラーモデルにするのか記事を読んでも迷っている場合は、将来性を考えてセルラーモデルの購入をしてもいいかもしれません。

 

Applewatch単体での通信が出来ればいいなと、何となくイメージしているものの明確に必要な機能か分からない。もしくは今は格安スマホを利用しているけど将来的には大手キャリアに契約をするかもしれないと考えるのであればどちらのモデルにするか迷うはずです。

 

セルラーモデルを購入したからといって月額の通信費を支払わなくてもBluetooth接続だけで「GPSモデル」と同様の使い方ができますので、セルラーモデル=契約が必要ということではありません。

 

下記にて記載しているGPSモデルとセルラーモデルの金額差を確認して頂き、金額差を支払ってでもセルラーモデルを購入してみようとじっくり比較した上で購入をすれば後々後悔することは無くなるはずです。

 

是非参考にしてください。

 

Applewatchseries7の金額差

 

series7 41mm 

GPSモデル 54300円

 

セルラーモデル 66300円

 

差額 12000円

 

series7 45mm

GPSモデル 58300円

 

セルラーモデル 70300円

 

差額 12000円

 

Applewatch series7の金額差は12000円となっていますので、必要となるか分からないセルラーモデルの機能を将来を見越して購入するかと言われれば大きな差額となっていますね。

 

series7を購入するのであれば、慎重に検討しましょう。

 

ApplewatchseriesSEの金額差

 

seriesSE 40mm 

GPSモデル 32800円

 

セルラーモデル 38800円

 

差額 6000円

 

seriesSE 44mm

GPSモデル 36800円

 

セルラーモデル 42800円

 

差額 6000円

 

Applewatch seriesSEの金額差は6000円となっていますので、必要となるか分からないセルラーモデルの機能でもお金を出していいかな?と感じてしまう金額差ではあるのでセルラーモデルを購入してみてもいいかもしれません。

 

再度注意点としまして、大手キャリアのスマホ契約が必要。Applewatchも契約を行い通信費が発生することは理解した上でセルラーモデルを購入するのか検討してみるようにしましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

PVアクセスランキング にほんブログ村