スマホ販売員[スペ太郎]の悩ましい人生

スマートフォンを販売し続けて5年、、先の見えない人生を送っています。しかし、スタッフの入れ替わりが激しいこの業界。常に新人の方々はどう販売をして行けばいいのか、もはや私と同じく電気屋さんなどに配属された人間はケータイコーナーには立てず家電コーナーでこれなんの仕事や!って思いながら働く人生。皆さん力を合わせて乗り越えて行きましょう

勉強に集中できないのはスマホのせい?そんな時は散歩するのが1番!

f:id:supekan777:20211221080648j:image

家で勉強する時って何故か集中力が続かない。

 

宿題や課題を終わらせるだけではなく、入試や今後の為にもいろんな知識を身につけたいのに最低限の事が終わるとスマホを見たりしてしまいダラダラと時間が過ぎてしまう

 

このように悩んでいる方は多いのではないでしょうか。

 

今は日々の学習でもスマートフォンを活用して、問題を解いたり、ノートの用に記録を残したりする方法が当たり前の時代なので

 

スマートフォンと勉強は切っても切り離せない存在となっています。

 

スマホで勉強をするけど、スマホで集中できなくなるのは困ったものですが少しでも対策できる方法がないか記事にまとめましたので参考にしてみてください。

 

目次

 

  • スマホがあると集中力が切れるのはなぜ?

f:id:supekan777:20211221080836j:image

勉強中にひと息ついたり、調べものをしよう、というタイミングでスマートフォンを操作すると気づけばInstagramのストーリーを見ていたり、TikTokの動画をループして見てしまっている経験ありませんか?

 

その他にも育成ゲームや、時間経過によって体力が回復するタイプのゲームアプリ等ついついスマホを弄りたくなってしまうものもあります。

 

スマホにはいろんなコンテンツが詰め込まれていますが、様々な観点からの誘惑が多いためそれぞれ考えられる項目ごとに対策を考える必要があるのです。

 

どのようなスマホの誘惑があるか考えてみたところ下記のような集中力を切れさせる要因がありましたのでまとめます。

 

  1. 時間指定により楽しみが増す誘惑
  2. 時間経過により楽しみが増す誘惑
  3. 1度見出すと止まらなくなる誘惑
  4. 知り合いと常に繋がれる誘惑

 

このように、様々な誘惑がスマホにはありますので1つの誘惑を断ち切ったとしても別の誘惑があなたをまた襲ってくることになります。

 

それぞれの誘惑に対してどのような対策をできるのか考えてみましょう。

 

時間指定により楽しみが増す誘惑

f:id:supekan777:20211221081010j:image

ゲームアプリでは指定の時間にのみ楽しめるステージが登場したり、指定の期間にレア度の高いキャラクターがガチャで出やすくなったりすることがあります。

 

このような誘惑があることにより、勉強に集中したくても今しかこのステージは出来ない!と優先度が完全にゲームアプリの方に偏ってしまい勉強そっちのけで楽しんでしまうのです。

 

正直、この指定時間による誘惑は対策の仕様がないと言いますか人間の心理として今しか出来ない!とか欲しかったキャラクターが今なら出現するかもしれない!となれば

 

ゲームアプリを触らずに我慢できたとしても、頭の中はこの事が気になりすぎて勉強に集中することは難しいでしょう。

 

こうなると、このような時間指定系の誘惑時は対策するのを諦めてガッツリゲームに取り組むか、このような仕組みが採用されているゲームアプリは利用しないようにアンインストールするしかありません。

 

時間経過により楽しみが増す誘惑

f:id:supekan777:20211221081021j:image

ほとんどの育成ゲームでこの仕組みが使われており、1時間したら施設が完成するとか、15分経過したらプレイできるハートが回復するといったように

 

時間の経過を利用してユーザーのやり込みを防ぎ、長期的に遊びたくなるゲーム性が楽しめるポイントとなっています。

 

このようなゲームアプリは、何分後にまたプレイが楽しめるとか何時間後に施設をまたグレードアップできるというように計画的に遊ぶことができるので

 

30分後にHPが2つ回復するから、30分はとにかく集中して勉強しよう!とか何時間後にまたプレイすればいいからそれまでは絶対にスマホを触らないというように

 

メリハリをつけて勉強やゲームに取り組む事ができますので、上手く計画を立てることができれば普通にダラダラ勉強するよりも効率よく集中して勉強をすることができます。

 

1度見出すと止まらなくなる誘惑

f:id:supekan777:20211221081045j:image

最近は動画配信コンテンツのアプリが一気に普及し、ドラマや映画を楽しめるだけではなく、一般の人が載せた面白い動画も好きな時に、隙間時間で楽しむことができるようになっています。

 

さらにアプリを作った製作者側も、ユーザーが動画を次から次へと見たくなる人間の心理を追求し、的確な秒数を推奨し動画投稿を促しているのです。

 

TikTokの動画や、YouTubeのショート動画は15秒程で次の動画へ移行していくのですがこの感覚が終わることなくエンドレスで楽しんでしまう誘惑なんですね。

 

しかもこれが面白い所で、もう見終わらなくちゃ!とふと気づいても1度閉じるボタンを押し普通はアプリが閉じれるのですが

 

このようなアプリでは閉じる訳ではなく、次の動画がまた流れる仕様になっているため2回閉じるを押すことでアプリを終了する事ができます。

 

この1回閉じるを押して、次の動画が始まり、そこからまた動画を見だしてしまう中毒性が凄い仕組みなんですね。

 

このようなアプリの場合は、見終わる際に戻るや閉じるボタンを押すのではなく電源ボタンを直接押すようにしましょう。

 

また1度見出すと中々止まらなくなってしまいますので、隙間時間や勉強前に見る習慣を見直し、朝起きた時や、1日で本当にのんびり過ごす時間にだけアプリを開くという使用方法に変える心掛けが大切です。

 

Instagram、TikTok、Twitterのような短い動画投稿がされているアプリは依存性が高いため人によっては携帯の画面をつける度に無意識に開いてしまうほどの利用者も多くいます。

 

目的が時間を潰したいということであれば、これ程にないレベルで最高なアプリですが、勉強に集中したい人にとってはかなり手強いアプリとなりますので日頃の習慣から変えるようにしてみましょう。

 

知り合いと常に繋がれる誘惑

f:id:supekan777:20211221081259j:image

スマホがあると友達といつでも連絡がとれる便利さがあります。電話やLINE以外でもInstagramのストーリーやTwitterのツイートなども、もはや常に繋がっている状態だと考えられるのではないでしょうか。

 

常に繋がっていられる良さももちろんありますが、学習方法に関するやりとりや、問題に対する質問ではなく、何気ない会話のきっかけから世間話に脱線してしまうこともよくある事でしょう。

 

あなたからの発信ではなく、相手から連絡をしてくることや今日は一緒に電話しながら勉強しようよ!と誘われる事もあるでしょう。

 

こういう時は断りにくい事もあるでしょうし、このよう誘いが当たり前になり全く学習に集中できない環境ができてしまう可能性も有り得る訳です。

 

友達とスマホの通話で教え合いながら勉強するのもいいですが、相手から誘われた時に断りにくくなるようであればなるべく控えた方がいいかもしれませんね。

 

  • 集中力が切れたら散歩に出掛けよう

f:id:supekan777:20211221081319j:image

勉強に疲れて集中力が切れたらいつも何をしますか?人によってリフレッシュ方法は様々だと思いますが、リフレッシュするためにスマホを触るのはオススメしません。

 

スマホでリフレッシュをしようとすると、数多くある誘惑に気付かぬままハマってしまい気づけば時間があっという間に過ぎてしまっているなんてことが良くあります。

 

さらに勉強で疲れるのは頭と目だと思いますが、スマホを触ると、頭も目も継続してしっかり働いていますのでリフレッシュするどころか疲労を溜めてまた勉強に戻ることになります。

 

学習の合間にリフレッシュする場合は、軽く体を動かす事がいいと言われており

 

筆者としましては外で散歩する事をオススメさせて頂きます。

 

音楽を聴きながらでもリフレッシュ

f:id:supekan777:20211221081330j:image

散歩がなぜいいのかというと、体を動かせるという事だけでなく頭と目を休めれる効果も期待できるからです。

 

また家から外に出る事で温度変化があったり、人の喋り声や、虫の音、車の走行音など様々な刺激がリフレッシュ効果にも繋がります。

 

散歩にスマートフォンを持っていく事は安全面を考慮し、問題ありませんが散歩中に歩きスマホをしたり、誰かと電話しながら散歩するのはオススメできませんので覚えておいて下さい。

 

誰かと電話で会話するのではなく、音楽を聴きながらの散歩はリフレッシュに繋がると思いますのでオススメです。

 

  • スマホの勉強ツールは積極的に利用する

f:id:supekan777:20211221081414j:image

スマホが勉強の集中力を妨げる迷惑な機器として、ここまで解説をおこなってきましたがスマホは最強の勉強ツールでもあることを理解しておくと見方が変わってきます。

 

スマホアプリで学習のために作られたアプリは科目ごとに数え切れない程の数が存在しており、あなたの学習方法にあったアプリを見つけて使用することもできます。

 

また普段あなたが利用しているYouTubeやカメラ機能も使い方によっては便利な学習ツールに様変わりしますので是非参考にしてみてください。

 

YouTubeでの学習

 

今となってはYouTubeを知らない方はいないのではないかというレベルの動画配信サービスですが、最近では楽しむ為だけのコンテンツではないことを理解していますでしょうか。

 

料理を作るクッキング動画や、資格の勉強を教えてくてくれる講義動画など、学生を卒業して社会人となった人からしても、このような配信動画を見た事があるかもしれません。

 

この場合と同じような形で、学生に向けて投稿された学年別の講義動画もYouTubeで探せば無料で視聴することができるのです。

 

言い方を変えれば、学校以外の場所でも好きな場所で好きな時間にYouTubeを通して動画での学習ができますので効率よく、必要なポイントだけ勉強することができます。

 

学習アプリを試してみる

 

スマートフォンには数え切れないほどのアプリが存在していますが、もちろん学習専用のアプリも今ではたくさんあります。

 

何の教科について学習したいのかや、学年によっても利用するアプリが変わって来ますが口コミが良いサービスや、知名度が高いアプリを利用することがオススメのポイントです。

 

当サイトでも学習アプリとしてオススメできるサービスを別記事にてまとめていますので参考にしてみてください。

 

 

写真を活用して隙間時間の学習

 

スマートフォンはカメラアプリを利用して写真データに学習した内容を保存しておくことができます。

 

最近では学校の授業で黒板に書かれた内容をそのままカメラで撮影しノートに書き写さない生徒も多くなっているようです。

 

学習内容をスマートフォンに画像保存しておくことで、通学中のスキマ時間やスペースが狭い場所でも直ぐに学習に取り組む事ができるようになります。

 

ノートにまとめている場合は、ノートを広げるスペースが必要だったり通学中だと電車内でノートを広げて見ていると周りの方の迷惑にもなりかねません。

 

ちなみに学習効率が高くなる時間帯って実は通学時などの移動時間とも考えられているほどなので、それだけ大切な時間をスマホ1つで作れるのであれば願ったり叶ったりということになる訳ですね。

 

 

 

 

 

 

 

PVアクセスランキング にほんブログ村