スマホ販売員[スペ太郎]の悩ましい人生

スマートフォンを販売し続けて5年、、先の見えない人生を送っています。しかし、スタッフの入れ替わりが激しいこの業界。常に新人の方々はどう販売をして行けばいいのか、もはや私と同じく電気屋さんなどに配属された人間はケータイコーナーには立てず家電コーナーでこれなんの仕事や!って思いながら働く人生。皆さん力を合わせて乗り越えて行きましょう

あなたにポケットWiFiは本当に必要?使い放題プランとテザリングで生活してみよう

f:id:supekan777:20211127094543j:image

過去にポケットWiFiを契約して新しいポケットWiFiに買い換えようとしているあなた

 

本当にそのポケットWiFiは必要なサービスですか?

 

過去にポケットWiFiを契約したタイミングでは、確かにポケットWiFiのサービスは利便性も高く必需品として考えられていましが

 

最近ではスマートフォンの料金プランにデータ使い放題プランが登場するなど、データ容量を補うという観点からのポケットWiFi契約は本当に必要なのか再確認を行う必要があります。

 

目次

 

WiMAXの機種変更を検討するなら今の契約を解約して新規契約するべき理由

www.sumahoou.com

 

  • ポケットWiFiはスマホ以外にも接続してますか?

f:id:supekan777:20211127094621j:image

ポケットWiFiを利用するにあたり、普段の使い方としてスマホ以外の機器にもポケットWiFiを接続して利用していますか?

 

もしもポケットWiFiをスマートフォンにしか繋げていない場合は使い方としてもったいない場合が有り得ます。

 

過去にポケットWiFiを契約した頃は、スマートフォンを1GB以下に抑えつつポケットWiFiを組み合わせて利用することで

 

スマホの大容量プランを契約するよりもお安くできたのでポケットWiFiをスマートフォンに繋げるだけの使い方でももったいないという発想にはなりませんでした。

 

しかし2021年では

 

スマートフォン+ポケットWiFiよりも

スマートフォンで使い放題プランを契約した方がお安くできる事がほとんどですので

 

ポケットWiFiをスマートフォンにしか繋げていないユーザーさんは是非とも見直しをしてみるようにしてください。

 

スマホ専用で所持しているなら見直そう!

f:id:supekan777:20211127094640j:image

ポケットWiFiをスマホ専用として利用しているユーザーは見直しする事をオススメしています。

 

ポケットWiFiを利用して、スマホのデータ量を1GB以下に抑えるという使い方をされている場合

 

ポケットWiFi約5000円

大手キャリア1GB以下約3000円

 

このように通信費の合計は約8000円近くになります。

 

もしも2021年に大手キャリアから発表されているデータ使い放題プランにスマートフォンの料金プランを変更しポケットWiFiを解約したのであれば

 

月額7500円ほどで利用する事ができます。

 

スマホとポケットWiFiを2台持ちするメリット

 

ポケットWi-Fiをスマホに繋げるための専用端末として契約している場合、今となっては余りメリットを考えることができないのですが一応書けることは記載します。

 

  1. 携帯電話のモバイルデータをオフにして利用ができる
  2. 携帯電話を利用停止・解約をしてもインターネットに繋げれる

 

以前までは携帯の料金プランにデータ使い放題といった内容の物はなく20GBが最大容量となっていましたので、スマホとポケットWi-Fiを組み合わせることにより通信費を安くでき、データ容量も大幅に増やすことができる大きなメリットがありましたが

 

携帯電話にデータ使い放題プランができたことにより、スマホとポケットWi-Fiの組み合わせには、スマホにデータ通信が入っていなくてもポケットWi-Fiを利用してネット接続ができるメリットくらいしか考えられません。

 

スマホ以外にもパソコンや、タブレットといった機器を接続しているのであればポケットWi-Fiを契約しているメリットは大いにありますので

 

あくまでもスマホにしか接続していない方に関しては見直しを検討してみるようにしましょう。

 

スマホとポケットWiFiを2台持ちするデメリット

 

スマホとポケットWi-Fiを2台持ちするデメリットは

 

  1. 通信費が高くなりがち
  2. スマホのデータ容量は抑えてポケットWi-Fiと常に繋げるストレスがある
  3. 常に2台持ちする必要がある
  4. ポケットWi-Fiがバッテリー切れすると困る
  5. ポケットWi-Fiは大手キャリアの通信品質には劣ることがほとんど

 

このような内容がかんがえられます。

 

データ使い放題プランがオススメ

f:id:supekan777:20211127094659j:image

データ使い放題プランは、その名の通りデータ量が無制限で使えるとても嬉しい料金プランです。

 

ポケットWiFiは無制限と謳いつつも、3日間で何GBまでという制限があったり、常に通信速度が何Mbpsに制限されているといったような

 

完全に速度もデータ量も無制限のサービスはめったにありません。

 

有名なポケットWi-Fiサービスと言えばWiMAXがありますが、このWiMAXでも3日間で15GBまでといった速度制限が設けられています。

 

それだけスマートフォンのデータ使い放題プランは快適な料金プランということになる訳です。

 

※2022年2月追記

WiMAXの速度制限に関する条件が緩和されました。

www.sumahoou.com

 

いざとなればテザリングも無料で使える

f:id:supekan777:20211127094706j:image

データ使い放題プランはスマホでデータ量を無制限に利用できるだけでなく「テザリングオプション」を無料で利用する事ができます。

 

テザリングオプションとは、スマホ本体をポケットWiFiのようなデバイスとして機能させ、スマホが受信した電波を、他の機器に共有する事ができる機能です。

 

テザリングは無料ですが、契約している携帯会社にて「テザリングオプション」の追加申し込みをしていなければ、利用することが出来ない場合もありえますので事前に確認しておくようにましょう。

 

また携帯会社によってはデータ容量が無制限の料金プランを契約していたとしても、テザリング利用時は上限が「〇〇GBまで」といったように制限が掛けられていることもありますので大量にデータ容量をしようする可能性があるのであればコチラも要チェック項目となることでしょう。

 

  • 通信費を比較してみよう

 

ポケットWiFiとスマートフォンを組み合わせて利用する方法と、スマートフォンのみでデータ使い放題プランを契約した場合にどれくらい通信費が変わってくるのか比較をしてみましょう。

 

またスマートフォンで利用する最大のデータ容量が把握できている方の為に、20GBと30GBも合わせて比較しますので参考にしてみてください。

 

スマホを1GB以下+ポケットWiFiで利用

参考例au

ピタットプラン1GB未満

3,278円

2,728円(家族割2回線)

2,178円(家族割3回線)

 

ポケットWiFi

参考例WiMAX

4,268円

 

合計6,446円~7,546円

 

スマホデータ使い放題プラン

参考例au

7,238円

6,688円(家族割2回線)

6,138円(家族割3回線)

 

合計6,138円~7,238円

 

30GBプラン以内での利用

参考例UQモバイル

くりこしプランL(1年間データ増量で30GB)

3,828円

2,970円(自宅セット割)

 

合計2,970円~3,828円

 

20GBプラン以内での利用

参考例UQモバイル

くりこしプランM(1年間データ増量で20GB)

2,728円

2090円(自宅セット割)

 

合計2,090円~2,728円

 

それぞれの利用シーンによる料金まとめ

 

1.スマホを1GB以下+ポケットWiFiで利用

7,546円

2.スマホデータ使い放題プラン

7,238円

3.30GBプラン

3,828円

4.20GBプラン

2,728円

 

4つのパターンで料金の比較を行いましたが、上記を確認してもらうと分かる通り

 

スマホのデータ量を抑えて、ポケットWiFiと組み合わせる方法が1番通信費が高くなっている事が確認できます。

 

スマホの通信費を節約するためにポケットWi-Fiを契約している状況なのであれば、いますぐにでも見直しすることをおススメさせていただきます。

WiMAXで通信費の節約は逆効果!?ご自身のインターネット利用方法で判断しよう - スマホ販売員[スペ太郎]の悩ましい人生 (sumahoou.com)

 

  • こんな不満はポケットWiFiならでは

 

ポケットWi-Fiは出先でもWi-Fi環境を作ることが出来る便利なサービスとなりますが、ユーザーのポケットWi-Fi利用方法によっては不満を持つこともあります。

 

どのような不満が考えられるのか各項目を確認してみるようにしてみましょう。

 

3日間の制限にかかっていませんか?

 

この項目はWiMAXや一部のポケットWi-Fiに考えられる不満点なのですが、WiMAXには3日間で15GB利用すると速度制限が発生する上限設定が設けられています。

 

月間のデータ容量制限ではないため、直近3日間でデータ容量を超過し速度制限が掛けられたとしても1日ほど経過すれば速度制限が解除される仕様にはなっています。

 

たまに動画コンテンツを見すぎて速度制限にかかってしまった。というようなパターンであればそこまで不満を持つことはないかもしれませんが、常にデータ容量を大量に消費するような使い勝てであれば常に速度制限状態になりますので不満が溜まることは間違いないでしょう。

 

※2022年2月追記

WiMAXの速度制限に関する条件が緩和されました。

www.sumahoou.com

 

通信速度に不満を持たれていませんか?

 

ポケットWi-Fiをどこの会社から契約しているかにもよりますが、通信速度に対しての不満を感じているユーザーは多いようです。

 

利用する環境や、時間帯によってサービスの通信速度は異なりますが前提としてポケットWi-Fiの通信回線は、大手キャリアから通信網を借りてサービス提供をおこなっていることが一般的です。

 

大手キャリアの通信網を借りてインターネットに接続する場合、同じドコモ回線や、au回線だったとしても、ドコモauを契約しているユーザーよりも通信速度が低下したり、沢山のユーザーが利用するようなイベント時や時間帯には接続しにくくなることが考えられます。

 

そのため、ポケットWi-Fiの通信品質が普段利用している大手キャリアの通信環境と同じだと考えることそのものが大きな間違いとなってきます。

 

WiMAXに関してはWiMAXという独自の電波を利用しているため、通信は安定しやすいと考えられます。しかし通信エリアの広さだけで考慮すればWiMAXではなくドコモ回線やau回線を利用したポケットWi-Fiを検討したほうが地方でも繋がりやすく可能性は高くなります。

 

ちなみにドコモ回線、au回線、ソフトバンク回線を借りてポケットWi-Fiを提供しているサービスの中には、通信速度を常に一定速度に保つことで月間のデータ上限を無くしている事業者などもあります。

 

携帯会社などでも節約モードという形で通信速度を1Mbpsに制限することで、データ消費量にカウントされなくなる仕組みがあり、これに似たような仕組みにすることで

 

ポケットWi-Fiの無制限プランを実現している会社もあるのです。

 

このような仕組みを知らずに無制限プランだからと契約をしていると通信速度の遅さに不満を持ちポケットWi-Fiは使えないサービスだと勘違いしてしまうことも考えられるのです。

 

解約の仕方が分からずにそのまま

 

ポケットWi-Fiは契約をする際にインターネットから申し込んで契約することが大いに考えられます。

 

申し込み手続きは簡単にできて、契約したいと感じたときにすぐにでも契約できるメリットがあるのですが、解約時にはどのように解約すればいいのか分からなくなってしまうデメリットもあります。

 

理由としては、解約の問い合わせをどこにすればいいのか分からなくなってしまうからなのですが、契約時の書類などを間違えて捨ててしまったり、何処に閉まったかわからなくなってしまうと

 

どの会社と契約したポケットWi-Fiなのか分からずに解約手続きが出来なくなってしまう状況に陥ってしまいます。

 

このような状況になってしまわないように、契約時の書類は必ず分かる場所へ保存しておくことが重要となるのです。

 

  • ポケットWiFiはこんな人にオススメ!

 

ポケットWi-Fiをスマホにしか接続していないのであれば契約している事が非常にもったいないのですが、利用方法や生活の環境によってはポケットWi-Fiを契約していることはおすすめとなります。

 

  1. 複数台の機器に接続する
  2. 転勤や引越しが多い方
  3. 出先での長時間にわたるパソコン作業
  4. タブレットでの長時間にわたる動画視聴

 

上記の内容に当てはまる場合はポケットWi-Fiの契約により、生活が快適になったり仕事で困ることも少なくなりますので各項目ごとに詳しく確認してみましょう。

 

複数台の機器に接続する

 

スマホだけではなく複数台の機器をWi-Fiに接続するのであれば、スマホのテザリングだと負担が大きいのでポケットWi-Fiがオススメになります。

 

しかし複数と言いましても、10台以上接続するとなればポケットWi-Fiでも負担が大きく難しくなりますし、実際に利用できる台数は5台くらいでギリギリだと認識していた方がいいでしょう。

 

テザリングに関しては3台までくらいが目安となっており、ポケットWi-Fiなら5台~7台、7台以上ならホームルーターや光回線といったように接続台数の目安を覚えておくといいでしょう。

 

転勤や引越しが多い方

 

転勤や引っ越しが多い方は自宅に固定回線を設置することが難しくなってきますので、いつでも持ち運びができるポケットWi-Fiはオススメとなります。

 

持ち運びができるWi-Fiには、ポケットWi-Fi以外にもコンセントに挿し込むだけで利用ができるホームルーターというサービスもあるのですが、先述したように接続台数が多いのであればポケットWi-Fiだと物理的に通信が難しくなりますので

 

コンセントタイプのホームルーターを検討するようにしてみましょう。

 

出先での長時間にわたるパソコン作業

 

仕事で出張が多く出先でのパソコン作業や、タブレットでのプレゼンテーションなどを長時間するのであればポケットWi-Fiは非常に利便性が高いです。

 

スマホのテザリングでも出先でのパソコン作業などには対応ができますが、長時間の利用となればスマートフォンへの負担が大きく、バッテリー消費が早くなったり、スマホのデータ容量が少なくなり、仕事や日常への影響が大きくなってしまいます。

 

ポケットWi-Fiは本体も小さく持ち運びには最適な為、このような利用方法には最もオススメできる利用方法となるでしょう。

 

タブレットでの長時間にわたる動画視聴

 

最後にタブレットなどでの長時間にわたる動画視聴もポケットWi-Fiの契約はオススメになるでしょう。

 

ポケットWi-Fiの契約プランにもよりますが、タブレットを出先で利用する場合、車での移動中などに子供が暇つぶしで動画を見たりすることなどが考えられます。

 

どれくらい動画を視聴するかによってポケットWi-Fiの契約プランは慎重に検討する必要がありますが、スマホのテザリングでは長時間利用は負担が大きすぎますので利用しないようにすることを推奨させていただきます。

 

 

 

 

PVアクセスランキング にほんブログ村