スマホ販売員[スペ太郎]の悩ましい人生

スマートフォンを販売し続けて5年、、先の見えない人生を送っています。しかし、スタッフの入れ替わりが激しいこの業界。常に新人の方々はどう販売をして行けばいいのか、もはや私と同じく電気屋さんなどに配属された人間はケータイコーナーには立てず家電コーナーでこれなんの仕事や!って思いながら働く人生。皆さん力を合わせて乗り越えて行きましょう

AndroidからiPhoneに変更するならデータ移行はどうなるの?

f:id:supekan777:20211122185652j:image

Androidスマートフォンを今まで利用してたけど、みんなiPhone使ってるから

 

自分もやっぱりiPhoneを使ってみたい!

 

こんな風に考えてiPhoneを使い始めようとしている読者様多いと思います。

 

AndroidからiPhoneに変更する場合に思いつきで買い換える方もいらっしゃることでしょうが、携帯変えたあとのデータ移行をどうしたらいいか気になっていませんか?

 

既にお気づきの方もいるかもしれませんが、AndroidからiPhoneってデータ移行は、その方法をしらなければめちゃくちゃ難しい項目になるので

 

この記事を読んで簡単にデータ移行を出来るように知識を付けておいてください。

 

目次

 

  • 王道のデータ移行方法は「Move to IOS」

f:id:supekan777:20211122185813j:image

AndroidからiPhoneへデータ移行をする場合、「Move to IOS」を利用してデータ転送をおこなうのが1番安心してできるメジャーな方法です。

play.google.com

 

下記のリンクにて「Move to IOS」の手順が解説されていますので確認してみてください。

Android から iPhone、iPad、iPod touch に移行する - Apple サポート (日本)

Move to iOS アプリケーションをインストールする | スマートフォン・携帯電話 | ソフトバンク

 

「Move to IOS」であれぱ

 

  1. 連絡先
  2. メッセージ履歴
  3. カメラの写真やビデオ
  4. Webブックマーク
  5. メールアカウント
  6. カレンダー

 

このような内容のデータをAndroidからiPhoneに移行する事ができます。

 

個別で必要な項目のデータが移行できれば問題ないというユーザーの方は事項を参考にしてください。

 

電話帳だけならジートルでもOK

f:id:supekan777:20211122185823j:image

AndroidからiPhoneに機種を変更する場合に電話帳(連絡先)だけでも移行できれば問題ないという方は「zeetle」ジートルというアプリがオススメです。

 

機能としては旧端末から「ジーッ」という音を発生させ、新しい端末でこの音を読み取りさせるだけでデータ移行が完了するという活気的なアプリです。

 

連絡先以外に写真もデータを移行出来るのですが、5枚づつという制限があるため

 

写真の保存枚数が少ない方や、ゆっくり移行してみようという方には写真移行アプリとしてもオススメです。

play.google.com

 

写真はクラウドサービスがオススメ

f:id:supekan777:20211122185836j:image

AndroidからiPhoneに、写真や動画のファイルをまとめて移行させるには、クラウドサービスを利用した方法がオススメです。

 

クラウドサービスには無料サービスと有料サービスがありますが、基本的に無料サービスも保存する容量が一定数を超えると有料に切り替えなければ使用できなくなるものが一般的です。

 

データ量によって有料になるクラウドサービスとなりますが、安心して利用できるメジャーなアプリをご紹介します。

 

Googleフォト

 

Googleフォトはandroidスマートフォンに初期搭載されているアプリケーションになりますが、無料で15GBまで写真のバックアップができるクラウドサービスです。

 

利用するにはGoogleアカウント=Gmailアドレスが必要になりますので事前にGoogleアカウントを作成しておくようにしましょう。

 

データのバックアップはWi-Fiに接続されると自動で開始する仕様になっていますので、使い方は非常にシンプルでおすすめです。

play.google.com

 

15GB以上のデータをバックアップしたいのであれば、有料で月額課金することにより100GB~30TBまですきなプランを契約できます。

 

Dropbox

 

Dorpboxは様々なデータをクラウド上にバックアップできるアプリケーションですが、バックアップをとる際に自分が好きなようにフォルダを複数作成できることがDorpboxの利点となります。

 

無料では2GBまでしかバックアップをすることができませんので、無料で利用したいと考えるユーザーにはお勧めできない容量となっています。

 

有料で月額登録を行うと、1TBを1200円/月で利用することができますので有料でも、好きなようにフォルダを作成しデータを保存しておきたいのであればオススメできるサービスとなるでしょう。

play.google.com

 

  • LINEのトーク履歴は引き継ぎ不可

f:id:supekan777:20211122185950j:image

LINEは連絡を取るための必須ツールとして日本では当たり前のように使用されています。

 

スマートフォンを新しく買い替えるとなればデータ移行で何を引き継ぎたいのか考えたときに、LINEはすぐに思いつくのではないでしょうか?

 

androidからiPhoneに買い替えた場合、LINEが引き継げないとなればiPhoneに変更するのは辞めておこうと思いとどまる人も多いかもしれませんがそれだけLINEの情報はユーザーにとって必要不可欠なサービスだといえるのです。

 

案心ていただきたいのは、androidからiPhoneに変更してもLINEはもちろんアカウントは引き継ぎができる点です。しかし一つだけLINEのサービスで引き継げないデータはあり、LINEのトーク履歴はiPhoneに引き継ぎすることはできませんので覚えておくようにしてください。

 

  • iPhoneはAppleIDの作成が必要

f:id:supekan777:20211122190004j:image

androidからiPhoneに買い替えが完了したら、iPhoneでアプリをインストールするために先ずはAppleIDの作成をおこないます。

 

AppleIDの作成が完了しなければアプリのインストールができませんので、データ移行アプリが取得できずデータ移行ができないことにも繋がります。(MovetoIOS除く)

 

AppleIDの作成で必ず覚えておかなければならない項目が、AppleIDに設定したメールアドレスとパスワードになります。アプリ取得の際や新しいiPhoneへの買い替え時に今後必ず必要な情報となりますのでメモ帳などに必ず残しておくようにしましょう。

 

GmailでOK

 

AppleIDはメールアドレスを利用して登録するのですが、AndroidからiPhoneに変更する場合であれば今まで利用していたGmailアドレスを活用してAppleIDに設定することはオススメとなります。

 

Gmailアドレスをメインの連絡先として利用していたのに、わざわざ新しいメールアドレスをまた作成するのは管理が大変になってしまいます。

 

GmailをAppleIDに設定し、iPhoneのメールアプリでGmailわ受け取れるようにメール設定だけしておけば今まで通りのGmailで連絡のやり取りもできてiPhoneも管理できるようになりますので一つの方法として考えておくといいでしょう。

 

せっかくならiCloudメールの作成でも可

 

Gmailアドレスはandroidの時に作成はしたけど実際に使用はしていなかったので新しく作り直したいという方もいらっしゃることでしょう。

 

このような場合はiPhoneならではのiCloudメールアドレスをAppleIDの作成時に新しく作成することをおススメします。

 

AppleIDの作成画面で既に利用している希望のメールアドレスを入力しない場合、新しくiCloudメールアドレスを作成する手続きの手順となりますので、その際に新しく作成してみるようにしてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

PVアクセスランキング にほんブログ村