スマホ販売員[スペ太郎]の悩ましい人生

スマートフォンを販売し続けて5年、、先の見えない人生を送っています。しかし、スタッフの入れ替わりが激しいこの業界。常に新人の方々はどう販売をして行けばいいのか、もはや私と同じく電気屋さんなどに配属された人間はケータイコーナーには立てず家電コーナーでこれなんの仕事や!って思いながら働く人生。皆さん力を合わせて乗り越えて行きましょう

かえとくプログラムとスマホトクするプログラムは回収・返却前に損傷していたらApplecareを必ず使おう!

f:id:supekan777:20211116095801j:image

auで機種変更をしようかなと検討中の方!

 

  1. iPhone11以降のユーザー
  2. 端末返却の購入プログラムに加入中
  3. 端末補償のApplecareに加入中
  4. 端末に画面割れや、損傷がある

 

この4項目に当てはまる場合

 

auショップで機種変更をする前に必ずこの記事を確認してください!

 

本来なら、お安く済ませれる手続きを

 

何も分からずに手続きすると大きな費用を払ってご自身で負担をしなければいけなくなる場合があります。

 

auユーザーも、auの携帯販売員も是非とも内容を確認してみてください。

 

目次

 

  • かえトクプログラムの仕組み

f:id:supekan777:20211116125349j:image

auの端末購入方法である「かえトクプログラム」は購入したスマートフォンを2年後にauへ返却することで実質的に端末代金の負担額を減らせるプログラムです。

かえトクプログラム | スマートフォン・携帯電話 | au

 

かえとくプログラム以前は「アップグレードプログラム」という名称で提供されており聞いた事があるユーザーも多いと思います

 

アップグレードプログラムは48回分割で端末を購入し24ヶ月目以降の残債を免除できるという仕組みで

 

最大半額になるという内容はシンプルな仕組みでした。

 

かえとくプログラムからは48回分割の購入ではなく、端末の種類ごとに23ヶ月目以降に残しておく残価がauによって設定されており

 

端末価格-残価=ユーザーの支払い金額(実質負担額)

 

このような計算式になっています。

 

まずは実質負担額を23ヶ月間で分割して支払っていき、購入した端末を12ヶ月目以降の好きなタイミングで返却することにより

 

23ヶ月目以降に余っている残価を免除することができるというプログラムなのです。

 

少しややこしいですね、、

www.sumahoou.com

 

  • かえとくプログラムの落とし穴

f:id:supekan777:20211116132228j:image

今回は、かえとくプログラムの仕組みを解説したい訳ではなく実際にプログラムを利用する際の落とし穴を皆様に把握して頂きたく記事をまとめています。

 

かえとくプログラムを利用する場合は、購入したスマートフォンをauに返却することで残債を免除することができるのですが

 

端末を返却する際に、画面が割れていたり、画面以外が損傷している場合にauから別途修理代金の請求が発生します。

 

かえとくプログラムを利用して

 

下取り業者に端末の状態が悪いと判断されれば、端末の状態に関係なく一律で22000円の修理代金請求が発生することになっているのです。

 

引用元:かえトクプログラム | スマートフォン・携帯電話 | au

本プログラム加入機種の回収・査定条件を満たす必要があります。端末故障・破損時(例:充電不可などの場合)など、所定の条件を満たさなかった場合、特典の適用を受ける際に最大22,000円(不課税)のお支払いが必要となる場合や、特典が受けられない場合があります。

 

この仕組みはかえトクプログラムのルールなので、この内容で既に契約してしまっている以上は何も文句は言えませんし、壊れていても22000円で回収してもらえると思えば御の字です。

 

何のためのApplecareなんだ!?

f:id:supekan777:20211116132339j:image

ここからが本題で、問題になってくるのがiPhoneユーザーでApplecareに加入しているユーザーさんです。

 

端末が損傷し、Applecare加入者がApplecareを利用してiPhoneを修理するのであれば

画面割れ 3700円

画面割れ以外 12900円

この金額で修理することが可能です。

 

auのかえトクプログラムを利用して端末の返却を行おうと考えていた場合に、端末が壊れていたり、破損していた場合は

 

auにそのまま返却すれば修理代金が22000円の請求になりますが

 

なんとAppleに修理を出してからの返却であれば最大12900円で修理費用が済むことになるのです。

 

auでそのまま返却した場合と、Appleで修理後に返却した場合では金額差が下記のように大きく変わってきます。

 

画面割れの場合であれば22000-3700円=18300円

画面割れ以外であれば22000-12900円=9100円

 

このように、壊れたまま返却するのとAppleで修理してから返却する場合、これだけの差額が発生することになるので必ず修理してからの端末返却をオススメ致します。

www.sumahoou.com

 

Applecare非加入時は修理前の返却で問題なし!

f:id:supekan777:20211116125307j:image

Applecare補償加入時

画面割れ 3700円

画面割れ以外 12900円

 

Applecare補償非加入時

端末によって修理代金は異なりますが「かえトクプログラム」はiPhone11以降のモデルになるので記載しておきます。

他のモデルが気になる場合は公式サイトからご確認をよろしくお願い致します。

 

▫画面割れ 

iPhone の画面の修理・交換 - Apple サポート 公式サイト (日本)

iPhone11 23,980円

iPhone11Pro 36,680円

iPhone11ProMAX 42,680円

 

iPhone12mini 30,080円

iPhone12 36,680円

iPhone12Pro 36,680円

iPhone12ProMAX 42,680円

 

iPhone13mini 30,080円

iPhone13 36,680円

iPhone13Pro 36,680円

iPhone13ProMAX 42,680円

 

▫画面割れ以外

iPhone の修理 - Apple サポート 公式サイト (日本)

iPhone11 51,480円

iPhone11Pro 70,980円

iPhone11ProMAX 77,480円

 

iPhone12mini 51,480円

iPhone12 57,980円

iPhone12Pro 70,980円

iPhone12ProMAX 77,480円

 

iPhone13mini 51,480円

iPhone13 57,980円

iPhone13Pro 70,980円

iPhone13ProMAX 77,480円

 

このようにApplecareに加入していなかった場合、iPhoneのモデルによって修理代金は変動してきます。

 

1番お安い修理代金の価格がiPhone11の画面割れ修理で23,980円となっていますので

 

Applecare非加入者に関しては、auにてかえとくプログラムを利用し端末返却時の修理代金請求で22,000円払った方がお安くつくということになりそうです。

 

スマホトクするプログラムも同様

f:id:supekan777:20211116132404j:image

2021年9月に「かえとくプログラム」から新しい端末販売プログラムである「スマホトクするプログラム」がスタートしました。

 

かえとくプログラムからスマホトクするプログラムで変わったことは、端末の返却時にauで新しい端末を購入する必要がなくなったことで

 

ユーザー側の縛りを緩くした内容に変更された購入方法です。

スマホトクするプログラムって何?かえトクプログラムとの違いを解説 - スマホ販売員[スペ太郎]の悩ましい人生

 

スマホトクするプログラムはまだ始まったばかりですが、コチラも端末の返却時に下取り業者から状態が悪いと判断されましたら一律22000円の修理代金請求が発生しますので

 

Applecareに加入しているユーザーは修理をしてからプログラムの利用をすることをオススメします。

 

携帯販売員も知らない可能性あり

f:id:supekan777:20211116132531j:image

かえとくプログラムはiPhone11が発売された直後に2020年2月から提供が開始された購入方法なので、iPhone12→iPhone13と発売され

 

2021年11月現在そろそろ購入してから2年目を迎えるユーザーが、かえトクプログラムを利用して機種変更しようと増えてくるタイミングです。

 

端末の販売時に、かえトクプログラムの案内はたくさんしてきたが実際にまだプログラムを利用して機種変更するユーザーを対応している販売スタッフは数少ないと考えられます。

 

携帯販売員が知らない可能性があるなんて有り得るの!?と疑問に持たれる方もいらっしゃるかと思いますが、本当に有り得る話しなので理由も記載しておきます。

 

以前のアップグレードプログラムと内容が違うから勘違いする!

f:id:supekan777:20211116133851j:image

かえとくプログラムの以前に提供されていたプログラムは「アップグレードプログラム」という名称でしたが

 

アップグレードプログラムの場合も返却時にたんが破損していた場合は修理代金が22,000円請求が発生していました。

 

しかし!(ここからが重要)、アップグレードプログラムは端末の返却時にApplecareに加入しているユーザーであれば

 

端末が破損していたとしても

 

Applecareを利用し修理を行った金額と同等の修理代金をau側で請求を行う仕組みになっていました。

 

つまり、画面割れであれば3700円、それ以外なら12900円の修理代金がauから請求される仕組みとなっていたのです。

 

引用元:アップグレードプログラムEX/EX(a) | スマートフォン・携帯電話 | au

f:id:supekan777:20220216202154p:plain

 

携帯販売員側としては、「アップグレードプログラム」も「かえとくプログラム」も返却時の仕組みは一緒でしょ?と知らない販売員が多く

 

実際にApplecareに加入しているから画面割れでも返却時に3700円の費用が発生するだけと言われたのに

 

なぜか22000円もauから請求がきた!このような

 

かえトクプログラムの事案も増えてきているようです。

 

Applecareに加入してるかのまず確認

 

iPhone11からiPhone13へ機種変更を検討する場合、かえとくプログラム加入中で端末が破損してしまっていたら

 

まずApplecareの加入可否を確認するようにしましょう。

 

Applecareに加入している場合

 

携帯販売スタッフから、「お客様のiPhoneは画面が割れていますが3700円の修理代金で問題ありません!」と伝えられていても

 

スタッフが過去のアップグレードプログラムと勘違いしている可能性がありますので

 

実際に端末の返却を行うと22000円の請求が発生する可能性が非常に高いです。必ずまずは修理をしてから返却を行うように心がけて下さい。

 

販売員に悪気がなくても被害を被るのはユーザー側

f:id:supekan777:20211116134914j:image

携帯販売員は騙して修理代金を高額請求しても何のメリットもありませんので、お客様を陥れる気などまったくないでしょうが

 

過去のアップグレードプログラムと勘違いをしている、かえとくプログラムの修理代金請求について知識がない

 

このような場合は被害をウケるのはあなたなので気をつけておく必要があります。

 

スタッフの待ちがいで高額な請求になってしまった場合でも、間違えた内容を簡単に修正する事は難しいですし、多めに払った修理代金を返金してもらえるのは簡単なことではありません。

 

お客様は何も悪くないのに、かなりの労力を要する可能性がありますので覚えておくようにしてください。

 

  • 他社へ乗り換える場合も要注意

f:id:supekan777:20211116134950j:image

修理代金と内容は変わってくるのですが、端末返却のプログラムには大きな注意点がもう1つあります。

 

auでは最新のモデルを購入する際に、返却プログラムを利用した購入方法でお安く購入できるメリットがありますが、通信費はやはりUQモバイルや格安スマホの方がお安くなる傾向にあります。

 

ですので、auで機種変更した後にUQモバイルや格安SIMへ乗り換えて通信費もお安くするという流れが携帯を購入する際のよくある流れとなってきているのです。

 

注意点になるのが、このauで機種変更する際に

 

以前の端末を「アップグレードプログラム」や「かえとくプログラム」を利用し端末返却で残債を免除する予定でいらっしゃるユーザーは、乗り換えるタイミングによってプログラムが適用できなくなる場合があるということです。

 

どういう事かと言いますと、端末の返却を行い直ぐに残債の免除が適用すると思われがちですが

 

端末返却を行い、実際に残債が免除されるまでに約2ヶ月程の時間を有しなければいけません。残債免除かできる条件を満たしているかの判定をするために時間が必要になるという事ですね。

 

つまり、この残債免除が判定される前に他社へ乗り換えをしてしまうと

 

端末返却での残債免除が適用できなくなり、余っている残債の支払いが必要になってしまうという恐ろしい仕組みなのです。

www.sumahoou.com

 

UQモバイルとpovo2.0も同様

f:id:supekan777:20211116135017j:image

端末の返却後に約2ヶ月間の期間を要したあと残債免除が適用されるのですが

 

この残債免除が適用されるまでの期間は他社へ乗り換えると、残債免除ができなくなってしまうので容易に他社へ乗り換えるのは注意が必要です。

 

それでは、同じKDDIグループの「UQモバイル」や「povo2.0」ではどうなるでしょうか?

 

例え同じKDDIグループ内であったとしても、プログラム適用前の移動はコチラも残債免除はできなくなりますので安くしたくても

 

直ぐに乗り換えるのは我慢しましょう。

 

  • スマートパスプレミアム加入時はお得!

f:id:supekan777:20211116135028j:image

auの場合Applecareと別でiPhoneの修理代金補償を行ってくれる「スマートパスプレミアム」というオプションがあります。

 

端末購入時からスマートパスプレミアムに加入していた場合、iPhoneの修理に掛かった費用を最大12900円分補償してくれるサービスがあります。

※補填額はauポイントで還元

 

修理の費用を補償してもらうためにはスマートパスプレミアムの修理代金サポートという申請を行わなければ還元を受ける事はできませんので、この点には要注意です。

pass.auone.jp

修理代金サポートの申請は即日OK

f:id:supekan777:20211116135037j:image

スマートパスプレミアムの修理代金サポート申請は、修理を行った当日に申請を行うことができます。

 

また申請をおこないさえすれば、還元が付与される前に機種変更は行っても問題ありませんので

 

機種変更をしたいけど、この記事を読んで修理をまずはしよう!と考えている方は

 

修理→修理代金の申請→機種変更

 

という流れで手続きを行うとベストでしょう。

 

  • Applecare+スマパスプレミアム加入時は必ず修理しよう!

f:id:supekan777:20211116135047j:image

かえとくプログラムやスマホトクするプログラムを利用する場合に、Applecareとスマートパスプレミアムに加入している場合は

 

プログラムを利用する前に必ず端末の状態を確認するようにしましょう。

 

画面が割れている場合は

プログラム利用時にauから22000円の修理代金が請求されます。

Applecareとスマートパスプレミアムを活用すれば

  1. 画面割れ修理代金 3700円
  2. スマートパスプレミアムの申請で 3700pt還元
  3. 返却のプログラム利用で修理代金の請求なし

 

画面割れ以外の場合は

プログラム利用時にauから22000円の修理代金が請求されます。

Applecareとスマートパスプレミアムを活用すれば

  1. 画面割れ以外の修理代金 12900円
  2. スマートパスプレミアムの申請で 12900pt還元
  3. 返却のプログラム利用で修理代金の請求なし

 

このように、端末の状態が悪かった場合に

 

プログラム利用の手順を変えるだけで実質の負担額が最大22000円も変わることになるのです!

 

機種変更などを行う際に、携帯販売員のスタッフさんが親切に教えてくれればいいですが

 

携帯販売員は、新しいスマートフォンを販売するのがお仕事ですのでお客様から「新しいスマートフォンに買い換えたい」と言われれば

 

そのまま新しい端末を販売することでしょう。

 

また、このような補償の内容をそもそも把握していない携帯販売員も数多くいますので

 

親切丁寧な携帯販売員でも無知というだけでお客様に損をさせてしまっている訳ですね。

 

  • まとめ

f:id:supekan777:20211116135054j:image

この記事では「かえとくプログラムの落とし穴」という内容と「Applecareとスマートパスプレミアムは活用すべき」という内容でまとめました。

 

  1. かえとくプログラムは修理代金は一律22000円
  2. Applecareに加入していても修理代金は一律22000円
  3. Applecare加入時は修理すれば最大12900円で可能
  4. スマートパスプレミアム加入時は修理費がポイントで還元される
  5. 過去のアップグレードプログラムはApplecare加入者は、修理代金が画面割れ3700円、画面割れ以外12900円の費用で請求されていた為、かえとくプログラムはApplecare加入者でも一律22000円で請求されるので必ず修理を先にして返却しよう
  6. 携帯販売員もこの内容を知らない可能性があるので要注意

 

完結にこのような内容を記載させて頂きましたので、良く分からなかった場合は再度内容を確認してみてください。以上

 

 

 

PVアクセスランキング にほんブログ村