スマホ販売員[スペ太郎]の悩ましい人生

スマートフォンを販売し続けて5年、、先の見えない人生を送っています。しかし、スタッフの入れ替わりが激しいこの業界。常に新人の方々はどう販売をして行けばいいのか、もはや私と同じく電気屋さんなどに配属された人間はケータイコーナーには立てず家電コーナーでこれなんの仕事や!って思いながら働く人生。皆さん力を合わせて乗り越えて行きましょう

3人家族の通信費は平均どれくらい?節約したらどこまで安くできる

f:id:supekan777:20211103191727j:image

インターネットで3人家族向けの通信費平均を確認したくても、意外と2人家族や4人家族ばかりのまとめ記事が多いんですよね。

 

3人家族なら平均どれくらい払っていれば高くないのか、節約して安くするならいくらまで安くできるのか分かりやすくまとめましたので参考にしてください。

 

目次

 

  • 3人家族の大手3キャリア料金

f:id:supekan777:20211103191801j:image

大手3キャリアでは2021年現在、家族割が最大3回線まで適用できる料金プランをメインで提供しています。

 

基本的に選ぶ料金プランは2つで

 

①データが使い放題プラン

②低容量の従量制プラン

 

このどちらかから契約をおこないます。

 

データ使い放題プランの場合

月額が約7000円の基本料金になりますが

家族割が3回線になると

月額が約6000円の基本料金になります。

 

低容量の従量制プランの場合

月額が1GB以下で約3000円の基本料金になりますが

家族割が3回線になると

月額が1GB以下で約2000円の基本料金になります。

※ソフトバンクは低容量プランに家族割引なし

 

基本的に5GB以上のデータ利用をするユーザーはデータ使い放題プランを契約した方がお得になるような料金設定となっているので5GBをベースに、どちらを契約したらいいか考えるといいでしょう。

 

従量制プランのギガ数設定は携帯会社ごとに異なりますので下記のリンクを参考にしてください。

ギガライト | 料金・割引 | NTTドコモ

 

ピタットプラン 4G LTE(新auピタットプランN) | 料金・割引:スマートフォン・携帯電話 | au

 

ミニフィットプラン+ | スマートフォン・携帯電話 | ソフトバンク

 

1.60歳以下の両親とお子様

夫婦のスマートフォンと、お子様のスマートフォンを合計3台利用する場合の通信費はどのようになるでしょうか。

 

お子様のスマートフォンはどのようなプランにするか悩むポイントになると思いますが、年齢によって制限を掛けて利用させるのか、お子様の好きなように使わせるのか状況に合わせてシュミレーションしてみてください。

 

「60歳以下の両親とお子様」の3人家族であれば、通信費の平均は大手キャリアで利用中の場合、

 

両親→大容量プラン+通話オプション=6000円~7000円×2台

お子様→低容量プラン+通話オプションなし=3000円~4000円

合計15000円~18000円が通信費の基本料平均となるでしょう。

 

節約できる方法はあるの?

 

お子様の年齢が何歳かにもよりますが、大手キャリアや格安スマホ会社で何歳以上~何歳以下であれば、学割や専用の料金プランで契約できる事があります。

 

学割を適用させたい場合は、毎年11月頃~4月頃までキャンペーンを行っていますので携帯会社で学割が行われていないかまずは確認するようにしましょう。

 

大手キャリアで現在、22歳以下や30歳以下であれば学割シーズンと関係なくお安くできるキャンペーンがおこなわれております。

 

22歳以下の料金プランで契約すると通信費がなんと月額1000円ほどでの利用が可能になりますので大きな節約へと繋がります。

www.sumahoou.com

 

30歳以下のキャンペーンは半年間限定の割引となりますが、データ使い放題の大容量プランを最安値990円で利用が可能です。大幅な通信費の節約に繋がりますので検討してみるといいでしょう。

www.sumahoou.com

 

www.sumahoou.com

 

2.60歳以上の両親とそのお子様

パターン1から年齢をそのまま変動し、60歳以上の夫婦とそのお子様だと通信費はどのようになるでしょうか。

 

60歳以上のユーザーは通話オプションを必要とするのか、お子様は20歳以下なのか20歳を超えているのかを基準にしてシュミレーションしてみましょう。

 

「60歳以上の両親とお子様」の3人家族であれば、通信費の平均は大手キャリアで利用中の場合、

 

両親→低容量プラン+通話オプションかけ放題=5000円~6000円×2台

お子様→大容量プラン+通話オプション=6000円~7000円

合計16000円~19000円が通信費の基本料平均となるでしょう。

 

節約できる方法はあるの?

 

60歳以上の利用者がかけ放題オプションを契約するのであればUQモバイルもしくはワイモバイルの料金プランに変更することがオススメです。大手キャリアと違いそもそもの基本料金が安く設定されていますので、大幅な節約に繋がることでしょう。

www.sumahoou.com

 

お子様の年齢によって22歳以下、30歳以下の節約例は項目1と同様の内容となります。

 

22歳以下の料金プランで契約すると通信費がなんと月額1000円ほどでの利用が可能になりますので大きな節約へと繋がります。

www.sumahoou.com

 

30歳以下のキャンペーンは半年間限定の割引となりますが、データ使い放題の大容量プランを最安値990円で利用が可能です。大幅な通信費の節約に繋がりますので検討してみるといいでしょう。

www.sumahoou.com

 

 

3.お子様2人とその保護者様

パターン3の場合は、お子様の料金プランをどのように契約すればいいのかを重点に置くことで

 

通信費の費用が大きく異なってきます。

 

パターン2と同様にお子様の年齢が20歳以上なのか以下なのかも意識しながら確認してみましょう。

 

「お子様2人とその保護者様」の3人家族であれば、通信費の平均は大手キャリアで利用中の場合、

 

保護者様→大容量プラン+通話オプションかけ放題=7000円~8000円

お子様→大容量プラン+通話オプションなし=5000円~6000円×2台

合計17000円~20000円が通信費の基本料平均となるでしょう。

 

節約できる方法はあるの?

 

保護者様の通信費は大手キャリアで節約するのは難しいかもしれませんので、大手キャリアのオンライン専用プランもしくは、UQモバイルorワイモバイルへの変更を検討してみるといいでしょう。

www.sumahoou.com

 

お子様の年齢によって22歳以下、30歳以下の節約例は項目1、2と同様の内容となります。

 

22歳以下の料金プランで契約すると通信費がなんと月額1000円ほどでの利用が可能になりますので大きな節約へと繋がります。

www.sumahoou.com

 

30歳以下のキャンペーンは半年間限定の割引となりますが、データ使い放題の大容量プランを最安値990円で利用が可能です。大幅な通信費の節約に繋がりますので検討してみるといいでしょう。

www.sumahoou.com

 

 

  • 5歳~18歳のお子様がいらっしゃる場合

 

ご家族に5歳~18歳のお子様がいらっしゃる場合であれば、期間限定のキャンペーンとなりますがUQモバイルとワイモバイルで家族全員に学割が1年間適用できる驚きのキャンペーンがおこなわれています。

 

UQモバイルは「UQ応援割」、ワイモバイルは「ワイモバ親子割」の名称でサービス提供がされています。

 

キャンペーン内容は家族全員1年間の通信費最安値が990円となる驚愕の値引きとなっており、料金プラン内容もかなり充実していると言えるでしょう。各社のキャンペーン内容は別記事にて詳しくまとめていますので要チェックです!

 

UQモバイルの詳細

www.sumahoou.com

 

ワイモバイルの詳細

www.sumahoou.com

 

 

PVアクセスランキング にほんブログ村