スマホ販売員[スペ太郎]の悩ましい人生

スマートフォンを販売し続けて5年、、先の見えない人生を送っています。しかし、スタッフの入れ替わりが激しいこの業界。常に新人の方々はどう販売をして行けばいいのか、もはや私と同じく電気屋さんなどに配属された人間はケータイコーナーには立てず家電コーナーでこれなんの仕事や!って思いながら働く人生。皆さん力を合わせて乗り越えて行きましょう

ケータイ代が高いから安くしたい!実際の金額はいくらになるの?

f:id:supekan777:20211022175507j:image

ケータイ代ってなんで高いの?このように疑問を持っている方は、この記事をきっかけに毎月の携帯料金がお安くできるかもしれません。

 

ケータイの料金プランは日々新しく見直しされ、少しづつ金額相場がお安くなってきています。

 

特に2021年に入ってからの金額変動は大きく、2021年になってから携帯料金をまだ見直ししていないという方は是非この記事を読んで参考にしてください。

 

実際に料金見直しをすることでどれくらい節約ができるのかチェックしてみたい方はコチラの記事にて実際にシュミレーションした金額を記載していますので確認してみてください。

通信費を節約してどれくらい貯金ができる?携帯販売がシュミレーション - スマホ販売員[スペ太郎]の悩ましい人生

 

目次

 

  • ケータイ代は基本料金が5000円以上だと高い!

f:id:supekan777:20211022175535j:image

ケータイ代は5000円以上だと高い!このような基準は筆者のスペ太郎が独自で算出した基準なのですが

 

ケータイの通信料は利用するユーザーの使い方によってお支払いする金額は大きく異なります。

 

使い方は基本的にデータ容量をどれくらい消費するのか、通話を1ヶ月間でどれくらい掛けるのか

 

この2つの項目に注目してご自身の金額を考えてみることにしましょう。

 

データ容量は10GBあれば足りる利用者がほとんどで、実際に10GB使えるプランを契約しようとすれば月額3000円ほどで契約することが可能です。

 

通話オプションが必要な場合でも5分かけ放題で約1000円、時間無制限かけ放題で約2000円と

 

10GB+かけ放題の組みあわせで約5000円になる訳です。

 

データ使い放題にしたいなら5000円以上でもOK

f:id:supekan777:20211022175607j:image

もしもデータの消費量が1ヶ月間で20GBでは足りないというユーザーは、大手キャリアのデータ使い放題プランを選ばざる負えない場合が一般的ですが

 

大手キャリアの使い放題プランは月額7000円ほど、複数の割引を組み合わせて月額5000円ほどまではお安くできます。

 

通話オプションを追加するのであれば、5000円は超えてしまうので、このようにデータ容量を大量に利用するユーザーは5000円以上でもOKだと覚えておきましょう。

 

しかし、月額9000円を超えるようであれば高すぎるという事になりますので注意が必要です。

使い放題MAX 5G/4G | 料金・割引:スマートフォン・携帯電話 | au

 

30GB以下なら3000円で抑えれたらベスト

f:id:supekan777:20211022175622j:image

毎月20GB以下のデータ消費量であれば月額3000円で抑えるのが一般的です。

 

例えば、大手キャリアのオンライン専用プランでは20GBプランで月額3000円ほど

ahamoとPovoとLINEMOの申し込みはデメリットを確認してから!各社の特徴や選び方も解説あり - スマホ販売員[スペ太郎]の悩ましい人生

 

UQモバイルやワイモバイルのサブブランドでは、15GBプランで割引を適用させれば月額2100円ほどで利用が可能です。

UQモバイルとワイモバイルの料金プランを徹底比較!MNPするならどっちがお得? - スマホ販売員[スペ太郎]の悩ましい人生

 

サブブランドの料金プランであれば通話オプションを追加しても3000円で抑えられるので理想的なお支払い方法だと言えます。

 

30GBを3000円以下でとなれば結構難しいのですが

 

BIGLOBE株式会社が提供している「donedone」という格安SIMは50GBで月額2728円

 

九州電力が提供しているQTモバイルでは月額3300円となっているので

 

現在の30GBプランを3000円台で抑えるのはdonedone以外はまだ難しそうです。

現役の携帯販売員がBIGLOBEの新ブランド「donedone」を徹底解説 - スマホ販売員[スペ太郎]の悩ましい人生

 

かけ放題オプションは本当に必要?

f:id:supekan777:20211022175640j:image

通話のオプションで良く説明されるかけ放題オプションは本当に必要なのでしょうか。

 

大手キャリアでは

5分かけ放題を約800円

時間無制限かけ放題を約1800円で提供しています。

 

通常スマートフォンでの通話料はいくらかというと30秒/20円が一般的です。

 

つまり、1ヶ月間に平均して20分ほど通話している場合は5分かけ放題を、90分ほど通話している場合は時間無制限かけ放題を追加しておいた方がいいとの計算になります。

 

またLINEのように、電話番号宛に掛けなくても問題がない通話に関してはLINE等のアプリから発信を行うことで通話料が発生することなく利用することができるので覚えておくといいでしょう。

 

携帯会社によっては通話オプションを付けなくても、30秒/10円と通常の半額料金で通話をできる会社も多くなってきています。

 

有名所であればOCNモバイルONEが通話料30秒/10円の会社で挙げられますが、2022年現在OCNモバイルはドコモショップでも受付ができる格安SIMとなっていますので非常にオススメできる格安SIM会社となります。

OCNモバイルをお得に契約しよう!現役スマホ販売員がまとめた記事 - スマホ販売員[スペ太郎]の悩ましい人生

 

  • ケータイの本体代金はなぜ高いの?

f:id:supekan777:20211022175655j:image

私たちはケータイの本体代金をなぜ高いと感じているのでしょう。確かにケータイ代金は高いのに2年ごとに買い換えるような不思議な習慣が根付いているので冷静に考えると恐ろしいものです。

 

実はケータイ代の端末価格は、年々お安くなっているのが現実的な話しで、日本のスマートフォンシェア率は6割がiPhoneを占めています。

 

iPhoneは高級な端末に分類され、毎年10万円前後での発売がされている機種となります。

 

Androidスマートフォンであれば端末価格は2万円前後~10万円前後まで幅広く取り扱いがされており

 

最近のモデルだと4万円くらいの端末を購入すればスペック的に困るユーザーはほとんどいない事でしょう。

 

iPhoneを購入するとやはり高くなる

f:id:supekan777:20211022175707j:image

先程iPhoneのスマートフォンシェア率は6割と記載しましたが、2年ごとに10万円の機種を日本人の大半が買い替えていると考えれば

 

ケータイ代は高い!と言いたくなるはずです。

 

しかしこれはAppleのブランド力だけでなく、日本人の特徴である同調性の高さから生み出されたスマホといえばiPhone!という恐ろしいイメージなんですね。

 

海外ではAndroidスマホが主流なのですが、日本では今後もiPhoneのシェア率は維持されていくことでしょう。

 

iPhoneは2020年に発売された「iPhoneSE2」をきっかけに比較的に低価格での購入ができるようになりました。

 

端末価格は約50000円となっており、最新モデルの半額ほどで高性能なiPhoneが手に入れられる訳です。

 

さらに大手3キャリアからの購入限定にはなりますが、指定されたiPhoneの端末価格が激安になる販売方法が2021年後半から主流になりつつあります。

 

2022年に入っても継続して行われていますので、興味のある方は是非チェックするようにしてみてください。

iPhone13miniがドコモ、au、ソフトバンクで1円!? - スマホ販売員[スペ太郎]の悩ましい人生

 

カメラ機能は重要視していますか?

f:id:supekan777:20211022175719j:image

2021年からスマートフォンの性能アップはカメラ機能がメインとなっています。

 

カメラを高性能にするだけで端末価格が10万円を超えたり、15万円を超える端末も発売されています。

 

Androidスマートフォンでは、5万円以下のモデルでも最近では2眼カメラ(デュアルレンズ)や、3眼カメラ(トリプルレンズ)の機種が増えており

 

カメラを重要視していないユーザーであれば、3万円台のスマートフォンでも操作性には全く困ることなく利用できるモデルが主流になりつつあります。

 

5万円もお金を出せば、ハイスペックなスマートフォンが利用できますので、それだけ最近のスマートフォンはカメラ機能に費用が掛けられているという事になります。

 

Androidスマートフォンでもいいかもしれない

f:id:supekan777:20211022175732j:image

iPhoneをこだわりなく利用している方や、周りの人達がiPhoneを利用しているからとりあえず合わせている。

 

このような理由からiPhoneを使用しているユーザーさんは、もったいない機種の選び方をしているかもしれません。

 

スマートフォンを選ぶ際に、動作のサクサク感だけでなく写真撮影の性能や、動画撮影の性能を求めるのであれば、やはりiPhoneは優秀です。

 

しかし、サクサク感だけ満足できれば良いとのことであればiPhoneの3分の2程度お金を出せば同等のスペックでAndroidスマートフォンを購入できるのです。

 

操作性に関しては、確かに最初は戸惑うかもしれませんが端末価格が何万円も変わるとなれば

 

それくらい大したことではないですよね?

 

Androidなら格段に安くなる

f:id:supekan777:20211022175743j:image

Androidスマートフォンは端末価格が2万円前後から販売されており、動作面に関しても普通に利用する事ができます。

 

それだけ、高額なハイスペックスマートフォンは動作面以外の、5G回線への対応、カメラ性能、バッテリー性能などにお金が掛けられているということにも繋がります。

 

ただ単にスマートフォンを利用したいと考えた場合、高額なスマートフォンは現代の私たちにとってオーバースペックすぎる持て余した機種だと言うことになるのです。

 

  • それでもiPhoneを選ぶなら購入方法を知ろう

f:id:supekan777:20211022180530j:image

Androidスマートフォンを選べば端末価格を安くできるのは分かったけど、やっぱりiPhoneを購入したい!

 

このように感じた方へ、少しでも安くiPhoneを購入する方法をまとめます。

 

同じiPhoneでも購入する場所や店舗、購入する方法によって端末に費やす費用が異なってきます。同じiPhoneを利用するのに負担金額が何万円も変わってくるとなれば恐ろしい話しですよね。

 

少しでもiPhoneを購入する方法の知識を身につけ、これからの購入に役立てて下さい。

 

どこから購入できるのか知ろう

f:id:supekan777:20211022181000j:image

iPhoneはApple製品なのでAppleストアから購入する事ができます。

 

携帯ショップで購入するんじゃないの?

 

といきなり疑問を持った方がいるかもしれませんが、本来Apple製品なのでAppleストアで購入する方法があって当たり前のことなのです。

 

その次に、携帯ショップで購入する方法となってくるのですが、Appleストアと携帯ショップでiPhoneを購入する事が場合どちらの方が端末価格がお安いと思いますか?

 

答えはAppleストアです。

 

Appleストアと携帯ショップでの販売価格は同じではなく、異なっており携帯ショップ事でもまた販売価格が異なるのです。

 

携帯会社でのiPhone購入方法

 

携帯会社でiPhoneを購入する場合に一括払いで端末を購入するのか分割で購入するのか選ぶことが出来ます。

 

分割でiPhoneを購入したとしても利子はなく、ユーザーの負担金額は一括も分割も同じになります。

 

分割回数は携帯会社によって異なりますが、12回、24回、36回、48回から選べるのが一般的です。

 

大手キャリアだけの限定的な購入方法もあり、2年後に購入したiPhoneを携帯会社へ返却する事でお安くできる購入方法もあります。

 

ユーザーの使い方によってはこの方法で買い換えたほうがお得になる可能性がありますので下記にまとめます。

 

2年周期で買い換えるなら大手キャリアで

f:id:supekan777:20211022185635j:image

購入したiPhoneを2年後に返却することでユーザー側の実質負担金額を少なくすることが出来るプログラムが大手キャリアで提供されています。

 

ドコモ→いつでもカエドキプログラム

au→スマホトクするプログラム

ソフトバンク→トクするサポート

楽天→iPhoneアップグレードプログラム

 

大手キャリア事に返却するというポイントは変わらないのですが、プログラムの詳細は変わりますので別記事にてまとめています。

いつでもカエドキプログラムとスマホトクするプログラムを比較どっちがお得? - スマホ販売員[スペ太郎]の悩ましい人生

 

このような返却のプログラムを活用することで、最新モデルのiPhoneが半額近い端末価格で使い切る事ができるので、2年ごとに買い換えをしているユーザーからすればお得な内容になるでしょう。

 

長期利用or返却NGならAppleストアで

f:id:supekan777:20211022185743j:image

購入したiPhoneは2年以上に渡り長期利用するユーザーや、愛用したiPhoneを返却したくないというユーザーはどこでiPhoneを購入すればお得になるのでしょうか。

 

この場合は先述した端末価格の1番お安いAppleストアから購入する方法をオススメします。

 

お住まいの近くにAppleストアがない場合は、Appleの公式サイトからオンライン購入もする事ができます。また、一括購入だけでなく分割の購入も選択できますので安心して購入してみましょう。

 

 

 

 

 

 

PVアクセスランキング にほんブログ村