スマホ販売員[スペ太郎]の悩ましい人生

スマートフォンを販売し続けて5年、、先の見えない人生を送っています。しかし、スタッフの入れ替わりが激しいこの業界。常に新人の方々はどう販売をして行けばいいのか、もはや私と同じく電気屋さんなどに配属された人間はケータイコーナーには立てず家電コーナーでこれなんの仕事や!って思いながら働く人生。皆さん力を合わせて乗り越えて行きましょう

ドコモで安くしたいならahamo一択!申し訳みの注意点やデメリットも確認しよう

f:id:supekan777:20210916080850j:image

ドコモの携帯って高いイメージありませんか?

 

実際の所、2021年の9月現在ドコモの料金プランは

「ギガホ」と「ギガライト」の2つがメインで提供されています。

 

この料金プランはauやSoftBankと比較しても基本料金に差はほとんどなく、「ドコモが高い!」というイメージは過去の印象が残ってしまっているだけなんですね。

 

今回はそんなドコモからオンライン受付限定のプラン「ahamo」が提供開始されましたので記事にまとめます。

容量たっぷり20GB、国内通話5分無料も付いて、2970円(税込)

 

 

目次 

 

  • ahamoとは

f:id:supekan777:20210916080753j:image

ahamoとはインターネットからのみプラン変更ができるオンライン限定の受付プランです。

 

店舗では対応できない料金プランの為、ご自身でプラン変更から利用設定を行わないといけませんが、基本料金が安くデータ容量も充実したプランとなっています。

 

現在はドコモショップでのみ有料となりますがahamoの申込サポートが行われており、お客様の端末から申し込みをする点とお客様が端末を操作するという点は同じなのですが

 

目の前で手順を教えてもらえるというサポートが行われています。

 

ahamoの金額設定としては月額2970円で

20GBと5分かけ放題をセットで利用することができます。

 

ahamoの料金プランはこの1種類のみとなっていますので非常にシンプルで分かりやすいプラン設定となっているのです。

 

  • ahamoのメリットとデメリット

 

ahamoにプラン変更することでどのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか。

 

それぞれの項目ごとに箇条書きでまとめましたので、ahamoを検討している方は参考にしてください。

 

メリット

f:id:supekan777:20210916075623j:image

  1. 通信費の基本料金が安くなる
  2. 店頭に行く必要がない
  3. 違約金がない
  4. ahamoで端末販売も行っている
  5. ドコモの電波を利用できる

 

ahamoのメリットとしては、このように複数ありますが

 

月額の通信費がお安くなるというポイントが1番ユーザーにメリットが大きいのではないでしょうか。

 

ドコモで過去の20GBプランを契約する場合、最低でも7000円~8000円ほどのお支払いになる事が一般的でした。

 

ahamoを選ぶだけで通信品質は変わらず、3000円以内に通信費を抑える事ができるようになるので利用したくなりますよね。

 

またauやソフトバンクからもオンライン専用プランは提供されているのですが、オンライン専用プランの契約と同時に携帯の端末を購入できるのは現在ahamoだけとなっています。

 

auやソフトバンクは新しい端末を利用したい場合に、携帯ショップで機種変更した後に、もう一度手続きを行いオンライン専用プランに切り替える必要があるので二度手間なのですが

 

ahamoであれば、取り扱い端末であれば同時に購入と契約ができますので

 

こちらも大きなメリットとなります。

 

デメリット

f:id:supekan777:20210916075639j:image

  1. お店ではahamoの対応はしてくれない
  2. 問い合わせはチャット対応になる
  3. ドコモのキャリアメールがなくなる

 

ahamoのデメリットは、サポート面が手薄になってしまう事です。

 

ドコモと言えば、携帯ショップでの対応や通信品質の安心感が選ばれる携帯会社のイメージとなっているのですが

 

ahamoだと通信品質は同じなのですが、携帯ショップでの対応という強みがなくなります。

 

また、ドコモユーザーは長期的にドコモを利用している方が多くドコモのメールアドレスが無くなると困る方も多くいるようです。

 

このようなデメリットを確認し、心配だなと感じるようならahamoには変更しない事をオススメします。

 

  • povoやLINEMOと比較

f:id:supekan777:20210916080732j:image

オンライン限定のプランはドコモのahamoだけではなく、先程先述したようにauやソフトバンクも提供を行っています。

 

各社のオンライン専用プラン名称は

auが「povo」※2021年10月以降「povo2.0」

SoftBankは「LINEMO」

となっています。

 

各社それぞれの特徴を活かした料金プランとなっており、ユーザーの利用方法に合わせた携帯会社選びが重要となっています。

 

詳しい詳細は下記の「ahamoとpovoとLINEMOは結局どれを選べばいいの?」の記事にまとめていますので参考にしてください。

オンライン限定プランの比較はコチラ

 

ahamoを選ぶ理由としては

 

  1. ドコモ回線を使いたい。
  2. 通話オプションを使いたい。
  3. 3GB以上は使いたい

 

この3つの項目に2つ以上当てはまれば、povoやLINEMOよりahamoを選んだ方がオススメになりますので安心してこのままこの記事を読み進めてください。

 

  • ahamoにする注意点を知ろう!

 

ahamoに変更するにあたり注意点を理解しておく事は重要です。

 

デメリットと重複する部分もありますが、注意点を理解しておく事によりどのように対策すればいいのかも考える事ができますので

 

それぞれの下記項目ごとに、どこに気をつけて、どのように対策すればいいのかをまとめます。

 

  1. キャリアメールが使えなくなる

  2. 問い合わせは基本的にチャット対応

  3. ahamo対応端末を確認しよう

  4. ahamoの取扱端末はショップと違う

  5. ドコモのタブレットは

  6. ahamoに変えても違約金がなくならない

 

キャリアメールが使えなくなる

 

ahamoにプランを変更すると、ドコモのメールアドレスは使えなくなります。

 

対策としてはGmailやYahooメールなどのフリーメールアドレスを準備し、今後の連絡先メールアドレスとして変更することです。

 

iPhoneユーザーであれば、iCloudメールアドレスでもいいかもしれません。

 

基本的には、ドコモのメールアドレスが使えなくなった後(ahamoに変更した後)でも、お知り合いの方にメールアドレスが変わった旨を伝えたり

 

普段お知らせが届く通知の連絡先アドレスを変更手続きをすれば問題ありません。

 

しかし、常に通知が多数送られてくるサービスや、2段階認証が必要なサービスに関しては

 

ドコモのメールアドレスが使えているうちに新しいメールアドレスに変更しておかなければ大変な事になりますので注意してください。

 

問い合わせは基本的にチャット対応

 

ahamoのサービスを利用開始して、分からない事があったり、困ったことがあったとしてもドコモショップでは対応してもらえません。

 

ドコモショップに問い合わせしにいっても内容によっては、電話のサポート窓口へ誘導を行う時もありますがahamoの場合はなんと電話のサポート窓口もなくチャットのみの対応となるのです。

 

これは、何かあった場合に解決が直ぐにできないというリスクにも繋がるため

 

重要な注意点となりそうです。

 

ahamo対応端末を確認しよう

 

ahamoを利用するにあたり、使用するスマートフォンがahamoの契約に対応しているか事前に確認しておく必要があります。

 

対応端末は下記のリンクから確認することができ、携帯会社やメーカー事に検索ができるようになっているため比較的調べやすい専用サイトとなっています。

対応端末一覧 | ahamo

 

対応端末の項目に記載がされていた場合でも、SIMロック解除を行っておく必要があることと

 

全ての機能が利用可能であることを保証するものではない事を認識しておきましょう。

 

ahamoの取扱端末はショップと違う

 

ahamoを申し込む際にスマートフォンも新しく変更ひたいと考えている方は多いのではないかと思います。

 

ahamoのメリットとして、ahamoの契約と同時にスマートフォンの購入ができるという利点があるのですが、ドコモで利用している端末とは取り扱いが違い

 

ahamoはahamoでの取り扱い端末が決まっています。

2021年11月現在は

iPhone11

Xperia1Ⅱ

GALAXY S20

の3機種となっており上記以外の端末は

 

オンラインショップで購入してからahamoに変更、ドコモショップで機種変更してahamoに変更、他社やSIMフリーで購入してahamoに変更

 

このような手順を踏む必要があります。

 

ドコモのタブレットは

 

ドコモでタブレットを契約している場合に、スマートフォンとデータ容量を共有してお安く契約している可能性があります。

 

プランとしては、データプラスという月額1100円で利用できる設定になっていますが

 

ドコモのスマートフォンをahamoへ変更すると、タブレットだけが

 

ドコモに残る形となり、タブレット単体の契約に変動します。タブレット単体の契約であれば、スマートフォンと同じ料金プラン

 

ギガホorギガライトを選択するようになるので、最低でも1GBで約2000円という料金になってしまうのです。

 

ahamoに変えても違約金がなくならない

 

ドコモは2019年10月に行われた「電気通信事業法」の改正後に新料金プランへ変更したとしても

 

本来の契約期間である2年定期契約の更新を迎えなければ違約金が無くならない仕組みが採用されています。

 

auやソフトバンクであれば、プラン変更が適用されたタイミングで違約金が変更になるのですが、ドコモだけは注意が必要です。

 

この仕組みを違約金留保と呼んでいるのですが、ahamoに変更したとしても違約金留保の期間は継続されるので覚えておきましょう。

 

この内容は、ドコモ→ahamo→ココの話し

このようにahamoに変更した後、さらに他社へ乗り換えする場合の内容となっており

 

ドコモ→ahamoの移動はそもそも違約金は発生しません。

 

※2021年10月より「違約金留保」の撤廃が発表され、ドコモのスマホ料金プランから違約金が撤廃されました。

 

 

 

容量たっぷり20GB、国内通話5分無料も付いて、2970円(税込)

 

 

 

PVアクセスランキング にほんブログ村