スマホ販売員[スペ太郎]の悩ましい人生

スマートフォンを販売し続けて5年、、先の見えない人生を送っています。しかし、スタッフの入れ替わりが激しいこの業界。常に新人の方々はどう販売をして行けばいいのか、もはや私と同じく電気屋さんなどに配属された人間はケータイコーナーには立てず家電コーナーでこれなんの仕事や!って思いながら働く人生。皆さん力を合わせて乗り越えて行きましょう

最新モデルiPhone13をドコモ、au、SoftBankのキャンペーンでお安く購入しよう!

f:id:supekan777:20210913170509j:image

今年も最新モデルのiPhone発売日が近づいてきましたね。

 

2021年9月15日(午前2時)にAppleの発表が開催決定していますので、おそらくこのタイミングで最新モデルのiPhoneが正式に発表されると考えられています。

 

この記事では、最新モデルのiPhoneが発売されたら、携帯会社で購入する場合

  1. どの会社から購入が出来るのか
  2. どの会社から買うのがお得なのか
  3. キャンペーン等は適用されるのか

 

このようなポイントを、まだ詳細は分からないので記載は出来ませんが詳細が分かり次第にいつでも最新の情報が更新ができる記事として準備をしました。

 

iPhone13が発売されましたので追記で記事を更新しています。

 

是非参考にしてください。

 

目次

 

  • iPhoneの購入方法を確認しよう!

f:id:supekan777:20210913170521j:image

2021年9月現在、携帯会社からスマートフォンを購入する場合、それぞれの会社によって購入方法が異なってきます。

 

まずはiPhone12までの購入方法を確認をして頂き、あなたにとってお得な買い方なのか、そうではないのか確認するようにしましょう。

 

ドコモ

f:id:supekan777:20211118230258j:image

▫おかえしプログラム→いつでもカエドキプログラム

36回分割購入

次回機種変更の際に、ドコモで機種変更かつ利用中のスマートフォンをドコモへ下取りに出すことで24ヶ月目以降の残債を免除。

 

いつでもカエドキプログラム

www.sumahoou.com

購入機種事に24ヶ月目以降に余らせる残額が設定されており、機種代金-24ヶ月以降の残債を計算した差額を24回分割で購入。

 

利用中のスマートフォンをドコモへ返却することで24ヶ月目以降の残債を免除。

 

返却時期が早くなればなるほどユーザーが負担する金額がすくなくなる仕組みが採用されています。

 

一括払いor分割購入

機種代金を一括払いで購入するか、24回、36回の分割払いで購入可能。

 

一括購入でも分割購入でも機種代金の総額は同じとなります。

 

au

f:id:supekan777:20211118230340j:image

▫かえトクプログラムスマホトクするプログラム

スマホトクするプログラム

www.sumahoou.com

購入機種事に24ヶ月目以降に余らせる残額が設定されており、機種代金-24ヶ月以降の残債を計算した差額を24回分割で購入。

 

次回機種変更の際に、auで機種変更かつ購入から12ヵ月経過後に利用中のスマートフォンをauへ返却することで24ヶ月目以降の残債を免除できる仕組みです。

 

一括払いor分割購入

機種代金を一括払いで購入するか、24回、36回、48回の分割払いで購入可能。

 

一括購入でも分割購入でも機種代金の総額は同じとなります。

 

SoftBank

f:id:supekan777:20211118230412j:image

トクするサポート+

www.softbank.jp

48回分割で購入

次回機種変更の際に、ソフトバンクで購入した機種変更かつ利用中のスマートフォンをSoftBankへ下取りに出すことで24ヶ月目以降の残債を免除できる仕組み。

 

一括払いor分割購入

機種代金を一括払いで購入するか、24回、36回、48回の分割払いで購入可能。

 

一括購入でも分割購入でも機種代金の総額は同じとなります。

 

UQモバイルとワイモバイル

f:id:supekan777:20211118230437j:image

一括払いor分割購入

機種代金を一括払いで購入するか、24回もしくは36回の分割払いで購入可能。

 

一括購入でも分割購入でも機種代金の総額は同じとなります。

 

 

  • 各キャリアiPhone13の本体価格

f:id:supekan777:20210913170541j:image

▫iPhone13(256GB)で比較

 

ドコモ

125136円

www.nttdocomo.co.jp

 

au

128970円

www.au.com

 

SoftBank

129600円

www.softbank.jp

 

楽天モバイル

110800円

network.mobile.rakuten.co.jp

 

UQモバイル

取り扱いなし

 

ワイモバイル

取り扱いなし

 

AppleSIMフリーモデル 

110800円

www.apple.com

 

  • キャンペーンの条件を確認しよう

f:id:supekan777:20210913170608j:image

最新モデルのiPhone13はドコモauソフトバンクは乗り換えでの契約で最大2万円引きの適用が可能ですが

 

現状利用している携帯会社で変更手続きをする機種変更であれば割引額は大きく変わります。

 

ドコモ

機種変更で得にキャンペーンの適用はなし。

 

au

データ使い放題プランとApplecareを機種変更時に同時加入することで、端末代金から5500円の値引きを行っているようです。

 

ソフトバンク

機種変更で得にキャンペーンの適用はなし。

※2021年12月追記

30歳以下の利用者の場合に端末値引きが適用される「U30スマホおトク割」がスタートしました。値引き額は10080円となっており3社の中では一番割引は大きいです。

 

www.sumahoou.com

 

このようなキャンペーン状況となっております。

 

  • お得に購入するなら乗り換えが1番!

f:id:supekan777:20211118230802j:image

各社のiPhone13の価格や購入方法をまとめましたが、結論としてiPhone13シリーズを一番お安く購入できる方法は、携帯会社を変更する乗り換えになります。

 

乗り換え手続きをおこなう場合、ほとんどの携帯会社で22000円のiPhone13シリーズ値引きができます。大手キャリアの購入方法である2年後に端末の返却をおこなうプログラムと乗り換えの値引きを組み合わせれば

 

一括価格が11万円~13万円ほどだったiPhone13(256GB)が、契約した携帯会社にもよりますが実質価格が、40000円~50000円ほどで利用することができるようになります。

 

もしも端末返却をしたくないという場合でも、乗り換えで22000円引きが受けられるのであればそれだけでお得です。

 

乗り換えにプラスαして、さらにお得にiPhone13を購入したいと考えるのであれば家電量販店にてAppleのSIMフリーモデルを取り扱いしている店舗を探していただき、さらにSIMカードのみの乗り換えで2万円の還元を出してくれる店舗もしくは携帯会社を探します。

 

このようにすることで単価が一番安いAppleのSIMフリーモデル購入に対して、乗り換えの2万円引きを利用することができますので

 

iPhone13(256GB)を110800円で購入する際に2万円の還元を適用し、90800円で購入ができる可能性があるとも考えれるのですね。

 

実際のところは、AppleのSIMフリー端末を取り扱いしている店舗は少ないですしSIMカードのみの乗り換えで2万円の還元をだす事例もほとんどありませんので実現するのはかなり難しい方法となるかもしれませんね。

 

 

 

 

 

 

 

 

PVアクセスランキング にほんブログ村